腹膜後リンパ節の系統的切除は進行卵巣癌患者の延命ならず | 海外がん医療情報リファレンス

腹膜後リンパ節の系統的切除は進行卵巣癌患者の延命ならず

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

腹膜後リンパ節の系統的切除は進行卵巣癌患者の延命ならず

Systematic Removal of Retroperitoneal Lymph Nodes Fails to Extend Lives of Patients with Advanced Ovarian Cancer(http://cancer.gov/clinicaltrials/results/lymphadenectomy0405)
(Posted: 04/25/2005) April 20, 2005, issue of the Journal of the National Cancer Instituteによると、腹腔内の可視的な癌と大動脈リンパ節、骨盤リンパ節を切除したステージⅢまたはⅣの上皮性卵巣癌患者は、腹部手術のみを受けた患者に比べ、延命には至らなかった。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3遺伝子変異が多いほど、免疫チェックポイント阻害薬の奏...
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  8. 8FDAががんプロファイル検査の承認経路を公表
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward