[ 記事 ]

腹膜後リンパ節の系統的切除は進行卵巣癌患者の延命ならず

  • 2005年4月25日

Systematic Removal of Retroperitoneal Lymph Nodes Fails to Extend Lives of Patients with Advanced Ovarian Cancer(http://cancer.gov/clinicaltrials/results/lymphadenectomy0405)
(Posted: 04/25/2005) April 20, 2005, issue of the Journal of the National Cancer Instituteによると、腹腔内の可視的な癌と大動脈リンパ節、骨盤リンパ節を切除したステージⅢまたはⅣの上皮性卵巣癌患者は、腹部手術のみを受けた患者に比べ、延命には至らなかった。

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事