化学療法の副作用、患者は身体的なものより心理社会的影響を重視 | 海外がん医療情報リファレンス

化学療法の副作用、患者は身体的なものより心理社会的影響を重視

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

化学療法の副作用、患者は身体的なものより心理社会的影響を重視

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)

患者において今日、悪心や嘔吐などの身体的な副作用よりも心理社会的要因の方がより重要視されている、研究の予備的結果(注1)が、マドリッドで開催されているESMO(欧州臨床腫瘍学会)2017で発表される予定である。以前実施された類似の研究では、悪心や嘔吐などの身体的な副作用が懸念事項の上位を占めていた。化学療法の副作用はがん患者の日常生活に深刻な影響を及ぼすため、副作用管理は医師にとって長期的懸案事項である。

 

化学療法の副作用はがん患者の日常生活に重大な影響を及ぼすため、副作用管理は医師の長期的懸案事項である。本件に関する患者評価は、1983年以来、定期的に実施されてきた。ESMO 2017で発表された新しい研究は、乳がん患者および卵巣がん患者の化学療法副作用に対する認識が、時代と共に変化するだけでなく、治療中にも変化することを示した。

 

「前回分析が行われたのは2002年であるため、新しいデータを収集し、面談のやり方を見直す時期にきたと感じました」と、研究著者であるドイツのエッセンにあるKliniken Essen-Mitte, Evang Huyssens-StiftungBeyhan Ataseven医師は語った。「生活環境が変わり、化学療法に伴う対処療法も変わりました。医師として、われわれは患者が気にかけていることを知りたいのです」。

 

それまでの研究とは対照的に、Ataseven医師が率いるチームは、対象を乳がん患者と卵巣がん患者に絞り、化学療法前、化学療法中、化学療法後の3回に分けて面談を実施することで縦断的な分析も実施した。

 

各面談では、化学療法を受ける予定の患者と現在受けている患者計141人に対して、身体的副作用が記載されたカード群と非身体的副作用が記載されたカード群の計2種類を提示した。患者は、各カード群から最も負担の大きい5つの症状を選択し、それらを重要度に応じて順位付けした。そのようにして選ばれた10の主要な副作用から最も重大な5つを選択し、それらを順位付けしてもらった。

 

「悪心や嘔吐などの副作用は、もはや患者にとって大きな問題ではないことがわかりました。これらの症状に対する現代の投薬が非常に効果的であることを表しているのでしょう。一方、脱毛は依然として解決されていない継続的課題で、とりわけ治療開始時に患者への影響が大きい問題であることがわかりました」とAtaseven医師は述べた。「しかし、時間が経過して患者が脱毛に慣れてくると、懸念事項は変化し、他の副作用が重要視されるようになります」。

 

「患者の認識を化学療法の全段階を通じて分析すると、最も困難な副作用は睡眠障害でした。しかも、これは経時的に重要度を増します。加えて、患者の病気がパートナーや家族に及ぼす影響についての不安もありました。これは、化学療法のいずれの段階においても最重要課題でした」とAtaseven医師は説明する。

 

「医師にとって、これらの知見は、患者に提供する対処療法の改善点を考慮するきっかけになってくれるでしょう。例えば、睡眠薬はこれまで通常のレジメンに入っていませんでした。また、患者の社会的不安や家族関係の懸念に対処するため、一層しっかりした心理的支援を行う必要があることも明らかです」と同医師は語った。

 

ESMOは、がんの診断から疾患の最終段階までの全期間を通じ、患者に提供する支持療法と緩和ケアを統合する必要性について近々声明を発表する予定である。ハイデルベルク大学医学部の上級腫瘍内科医でESMOの緩和ケア・支援療法部会長であるKarin Jordan医師は、この研究について以下のようにコメントしている。「この結果は、患者にとって重要または苦痛であろうと医師が想定している内容と、患者が実際に感じている内容の間に乖離がある可能性を示唆しています。がんのすべての段階において、身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな支援が必要です」。「今後は、副作用の最適管理が病状経過に与える影響の分析も含めて、他のがん種についても類似の研究を行う必要があります」。

原文掲載日

翻訳関口百合

監修小杉和博(緩和医療科/国立がんセンター東病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がん...
  7. 7乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  8. 8がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  9. 9ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他