III/IV期のメラノーマ外科的切除後においてニボルマブによる術後補助療法はイピリムマブよりも優れている | 海外がん医療情報リファレンス

III/IV期のメラノーマ外科的切除後においてニボルマブによる術後補助療法はイピリムマブよりも優れている

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

III/IV期のメラノーマ外科的切除後においてニボルマブによる術後補助療法はイピリムマブよりも優れている

欧州臨床腫瘍学会(ESMO) ESMO 2017

III/IV期のメラノーマ(悪性黒色腫)を外科的に切除した、再発リスクの高い患者において、ニボルマブによる術後補助療法はイピリムマブによる標準療法よりも優れていることが、マドリッドでの欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2017年度会議(1)で本日発表された、CheckMate238試験の最新結果から明らかとなった。本試験の結果は、New England Journal of Medicine(NEJM)誌に掲載された(2)。抗PD-1(プログラム細胞死1)抗体であるニボルマブが、イピリムマブよりも良好な無再発生存と少ない副作用を示す結果となった。

 

術後補助療法は、がんの一次治療後に転移を予防することを目的として行われる。腫瘍の外科的切除を受けた再発リスクの高い患者に対し、転移性疾患の治療に有効な薬剤が術後補助療法として投与される場合がある。

 

ニボルマブとイピリムマブは転移性メラノーマに対し承認された免疫チェックポイント阻害剤である。また、米国においては、イピリムマブは切除後のIII期メラノーマの術後補助療法としても米国食品医薬品局(FDA)により承認された標準治療薬である。IIICおよびIV期メラノーマを切除した患者33人を対象にニボルマブによる術後補助療法を検討したパイロット試験では、ニボルマブは良好な忍容性を示し、生存の改善を期待できる結果が示された(3)。

 

転移性疾患において示されたニボルマブの有益性とパイロット試験で得られたデータは、CheckMate238試験(ニボルマブによる術後補助療法と標準治療薬イピリムマブによる術後補助療法とを比較した第3相ランダム化二重盲検試験)に弾みをつけた。本試験に参加した患者は切除したIIIB、IIICまたはIV期メラノーマを有し、5年再発リスクが50%を超える906人であった。患者はいずれかの治療群に1:1の割合でランダムに割り付けられた。

 

主要評価項目は、無再発生存であった。全生存は副次的評価項目とされたが、再発時に代替薬に切り替えることが予測されることでデータの解釈は複雑になるであろう。

 

ニボルマブの有益性が明確に裏付けられたため、データ安全性モニタリング委員会により試験は早期に中止された。本試験であらかじめ計画されていた中間解析は、18カ月という最短の追跡期間で行われ本日発表されたが、無再発生存率はニボルマブ(66.4%)でイピリムマブ(52.7%)と比較して有意な改善が示され、ハザード比は0.65(p<0.0001)であった。事前に規定していた患者サブグループ(下位グループ)での比較においても同様の結果となった。

 

 

  ニボルマブ(N=453) イピリムマブ(N=453)
18カ月時点無再発生存率(95%信頼区間) 66.4%(61.8-70.6) 52.7%(47.8-57.4)
無再発生存期間中央値 到達せず 到達せず
ハザード比(95%信頼区間) 0.65(0.51-0.83)
ログランク検定 P<0.0001

 

治療に関連した、臨床的に関係する副作用(グレード3/4)はニボルマブ群で14%、イビリマブ群で46%であり、ニボルマブ群のほうが少なかった。投与中止に至った副作用はニボルマブ群ではわずか10%であったが、イピリムマブ群では43%であった。

 

「無再発生存はニボルマブでより優れていることが中間解析の結果で明確に示されました。今回の試験に参加した患者さんの大半は、以前のメラノーマ術後補助療法の大半の試験における患者さんよりも高リスクの疾患を有していたことを考えると、今回得られた知見はいっそう期待が持てるものといえるでしょう」と、本研究論文の筆頭著者であるJeffrey Weber博士(米国、ニューヨーク、ニューヨーク大学ランゴン・ヘルス、パールマターがんセンター副所長)は述べた。

 

さらに「以前の試験ではイピリムマブでプラセボと比較して有意に高い無再発生存と全生存が示されました」(4)。「CheckMate238試験ではニボルマブのイピリムマブに対する優越性が示されました。このことから、高リスクメラノーマに対しては、術後補助療法を実施しないよりもニボルマブによる術後補助療法を実施するほうがはるかに有益だと言えます。また、ニボルマブはイピリムマブよりも毒性がはるかに低いのです」。

 

そして、同博士は「あらゆる角度からみて、ニボルマブによるメラノーマの術後補助療法は、イピリムマブよりも優れていると思われます。無再発生存の改善と副作用の減少をもたらし、高い忍容性があります」と結論付けた。

 

オランダ、アムステルダムにあるオランダがん研究所腫瘍学研究科科長のJohn Haanen教授は、次のように述べた。「ESMO2016年度会議で発表された術後補助療法の試験では、イピリムマブはプラセボよりも全生存が優位であるが非常に毒性が高いことが示されました。米国ではイピリムマブが標準治療薬となっていますが、欧州ではまだ議論されています」。

 

同教授は本日発表された結果について以下のようにコメントした。「CheckMate238試験の成績に大きな期待を寄せています。術後補助療法において、抗PD-1抗体薬が優れており、ニボルマブはその毒性の低さからイピリムマブよりもはるかに治療が容易であるということが今回初めて示されました。転移がある場合の治療においても同様で、抗PD-1治療はより有効であり、はるかに優れた安全性プロファイルを示し、一次治療としてイピリムマブに置き換わっています」。

 

もう一つの抗PD-1抗体薬であるペムブロリズマブは、III期メラノーマを切除した患者を対象に術後補助療法としてプラセボと比較する第3相European Organisation for Research and Treatment of Cancer (EORTC)試験が行われている。Haanen教授は、「もしペムブロリズマブで無再発生存がプラセボよりも優れていた場合、近い将来、抗PD-1抗体薬による術後補助療法が、高リスクメラノーマに対する標準的治療となる可能性は高いでしょう。ただこれは、全生存における有益性も示されればということになります」。

 

参考文献
1. Abstract LBA8_PR ‘Adjuvant therapy with nivolumab (NIVO) versus ipilimumab (IPI) after complete resection of stage III/IV melanoma: a randomized, double-blind, phase 3 trial (CheckMate 238)’ will be presented by Dr Jeffrey Weber during Presidential Symposium III on Monday, 11 September, 16:30 to 17:45 (CEST), in Madrid Auditorium.
2. Weber J, Mandala M, Del Vecchio M, et al. Adjuvant Nivolumab versus Ipilimumab in Resected Stage III or IV Melanoma. N Engl J Med. DOI: 10.1056/NEJMoa1709030
3. Gibney GT, et al. Safety, correlative markers, and clinical results of adjuvant nivolumab in combination with vaccine in resected high-risk metastatic melanoma. Clin Cancer Res . 2015;21:712–720. doi: 10.1158/1078-0432.CCR-14-2468.
4. Eggermont AM, et al. Prolonged survival in stage III melanoma with ipilimumab adjuvant therapy. N Engl J Med . 2016;375:1845–1855.

 

要旨 LBA8_PR

III/IV期メラノーマ完全切除後の術後補助療法としてのニボルマブとイピリムマブの比較:ランダム化二重盲検第3相試験(CheckMate 238試験)

 

J. Weber1, M. Mandala2, M. Del Vecchio3, H. Gogas4, A.M. Arance5, L.C. Cowey6, S. Dalle7, M. Schenker8, V. Chiarion-Sileni9, I. Márquez-Rodas10, J.-J. Grob11, M. Butler12, M.R. Middleton13, M. Maio14, V. Atkinson15, P. Queirolo16, V. de Pril17, A. Qureshi17, J. Larkin18, P.A. Ascierto19
1Perlmutter Cancer Center, NYU Langone Health, New York, USA, 2Oncology, Papa Giovanni XIII Hospital, Bergamo, Italy, 3Medical Oncology, National Cancer Institute, Milan, Italy, 4Oncology, University of Athens, Athens, Greece, 5Oncology, Hospital Clinic de Barcelona, Barcelona, Spain, 6Oncology, Texas Oncology-Baylor Charles A. Sammons Cancer Center, Dallas, TX, USA, 7Oncology, Hospices Civils de Lyon, Pierre Bénite, France, 8Oncology, Oncology Center sf. Nectarie Ltd., Craiova, Romania, 9Oncology, Oncology Institute of Veneto IRCCS, Padua, Italy, 10Medical Oncology, Hospital Gregorio Marañón, Madrid, Spain, 11Medical Oncology, Hospital de la Timone, Marseille, France, 12Oncology, Princess Margaret Cancer Centre, Toronto, ON, Canada, 13Oncology, Churchill Hospital, University of Oxford, Oxford, UK, 14Center for Immuno-Oncology, University Hospital of Siena, Istituto Toscano Tumori, Siena, Italy, 15Oncology, Gallipoli Medical Research Foundation and Princess Alexandra Hospital, and University of Queensland, Queensland, Australia, 16Oncology, IRCCS AOU San Martino – IST, Genova, Italy, 17Global Clinical Research – Oncology, Bristol-Myers Squibb, Princeton, NJ, USA, 18Oncology, The Royal Marsden Hospital, London, UK, 19Oncology, Istituto Nazionale Tumori Fondazione Pascale, Naples, Italy

 

背景:ニボルマブおよびイピリムマブは、進行メラノーマの治療薬として承認された免疫チェックポイント阻害剤である。また、イピリムマブは、同薬剤の第3相試験において無再発生存(RFS)の改善が示されたことから、切除後のIII期メラノーマの治療薬として米国で承認されている。本報では、再発リスクの高いIII/IV期メラノーマ切除後の治療薬としてニボルマブとイピリムマブとを比較評価する目的で行った第3相試験の初回結果を報告する。

 

方法:本ランダム化二重盲検試験は、IIIB/IIICまたはIV期メラノーマを完全切除した15歳以上の患者を対象とした。患者906人を、病期およびPD-L1の発現レベルごとに層別化し、ニボルマブ3mg/kgを2週ごとに投与する群(n=453)とイピリムマブ10mg/kgを3週ごとに4回投与し、その後24週目より12週ごとに投与する群(n=453)に1:1の割合でランダムに割り付けた。投与期間は最長1年間とし、再発または耐えられない毒性が認められるまで投与を継続した。主要評価項目はintent-to-treat(治療意図に基づく)解析集団における無再発生存とした。

 

結果:全患者の34%がIIIB期、47%がIIIC期、19%がIV期であり、32%が原発巣に潰瘍を有し、48%が肉眼的なリンパ節転移を有し、42%がBRAF遺伝子の変異を有した。観察期間中央値18.5カ月でニボルマブはイピリムマブと比較して有意な無再発生存の改善を示した(表参照)。事前に規定したサブグループの解析結果においてニボルマブは一貫して良好なハザード比を示した。

 

治療に関連するグレード3/4の有害事象はニボルマブ群で14%、イピリムマブ群で46%であった。治療中止に至るあらゆるグレードの有害事象はニボルマブ群で10%、イピリムマブ群で43%であった。ニボルマブ群およびイピリムマブ群で、治療に関連するグレード3/4の特定(免疫関連)有害事象の頻度の最も高い臓器系は、胃腸(2.0%vs16.8%)、肝臓(1.8%vs10.8%)および皮膚(1.1%vs6.0%)であった。治験薬の毒性による死亡は、ニボルマブ群で報告はなく、イピリムマブ群で投与から100日以上経過後に2人(0.4%)報告された(大腸炎および骨髄形成不全)。

 

結論:ニボルマブは、再発のリスクが高いIII/IV期メラノーマ患者における術後補助療法として、イピリムマブに比較して有意に無再発生存を改善し、優れた安全性プロファイルを示した。
謝辞:本抄録の共同統括著者は以下の通りである。Dr. J. Larkin, Dr. P.A. Ascierto

 

臨床試験番号:NCT02388906
本試験に責任を負う法人:Bristol-Myers Squibb社
資金提供:Bristol-Myers Squibb社
Disclosure: J. Weber: Celldex, Ichor Medical Systems, cCam Biotherapeutics, Lion Biotechnologies, Pieris Pharmaceuticals, Altor BioScience, Bristol-Myers Squibb, Merck, Genentech, Roche, Amgen, AstraZeneca, GlaxoSmithKline, Daiichi Sankyo, Abbvie, Eisai, CytomX Therapeutics, Nektar, Novartis, Medivation: consulting or advisory role; Bristol-Myers Squibb, GlaxoSmithKline, Daiichi Sankyo, Pieris Pharmaceuticals, cCam Biotherapeutics, Lion Biotechnologies, Roche, Celldex, Amgen, Merck, AstraZeneca, Genentech, Novartis: travel, accommodations, expenses; Named on a patent submitted by Moffitt Cancer Center for an IPILIMUMAB biomarker; Altor BioScience, Celldex, CytomX Therapeutics: stock and other ownership interests; Bristol-Myers Squibb, Merck, Genentech, Abbvie, AstraZeneca, Daiichi Sankyo, GlaxoSmithKline, Eisai, Altor BioScience, Altor BioScience, Amgen, Roche, Ichor Medical Systems, Celldex, cCam Biotherapeutics, Pieris Pharmaceuticals, CytomX Therapeutics, Nektar, Novartis, Medivation: honoraria; Bristol-Myers Squibb, Merck, Gla
M. Mandala: Roche: personal fees, grant; BMS, MSD, Novartis: personal fees
M. Del Vecchio: BMS: personal fees, honoraria; Roche: personal fees, honoraria, advisory board, research funding; GSK: personal fees, honoraria
H. Gogas: Roche, Amgen MSD, BMS, Novartis: consulting or advisory role, research funding; BMS, Roche, MSD: travel accommodations, expenses
A.M. Arance: GSK, Roche, : personal fees, Consultant, speakers’ bureau; BMS: personal fees & non-financial support, Speakers’ bureau, travel funding
L.C. Cowey: BMS, Genentech: grant, personal fees, consultant, Speaker, Research funding; Merck, GSK: grant, consultant, Research funding
S. Dalle: BMS: research grants and travel expenses; BMS, MSD, Novartis, Roche: principal investigator
V. Chiarion-Sileni: BMS, Roche, GSK: personal fees, consulting, speakers’ bureau, travel; MSD: personal fees, consulting, travel
I. Márquez-Rodas: Novartis, Roche, MSD, BMS: honoraria; Novartis, Roche, MSD, BMS, Amgen, Bioncotech: consulting or advisory role; MSD, BMS, Amgen: travel, accommodations, expenses
J.-J. Grob: BMS: personal fees, consultant, speakers’ bureau, research funding; GSK: personal fees, consultant, speakers’ bureau; Novartis: personal fees, consulting; Roche: personal fees, non-financial support, consulting, speakers’ bureau, research funding, travel; Merck, Amgen: personal fees, consulting
M. Butler: Bristol Myers Squib, EMD Serono, Immunocore, Immunovaccine: personal fees, advisory boards; Merck: grant, personal fees, advisory boards, grant support for clinical trial
M.R. Middleton: Amgen, Bristol-Myers Squibb, Clovis, GlaxoSmithKline, Immunocore (uncompensated), Merck, Roche (all compensated): consulting or advisory role; Amgen, AstraZeneca, Bristol-Myers Squibb, Clovis, Eisai, GlaxoSmithKline, Immunocore, Medimmune, Merck, Pfizer, Roche, Vertex: research funding; Merck, Roche: travel, accommodations, expenses
M. Maio: BMS, Roche, MedImmune, MSD, GSK: honoraria, consulting or advisory role, travel, accommodations, expenses; BMS, MedImmune: research funding
V. Atkinson: BMS, MSD, Novartis: honoraria, consulting or advisory role, speakers’ bureau, travel, accommodations, expenses
P. Queirolo: Roche, MSD, BMS, Novartis: personal fees
V. de Pril, A. Qureshi: employment – Bristol-Myers Squibb and stock/ownership – Bristol-Myers Squibb
J. Larkin: BMS, MSD, Novartis, Pfizer: research funding; BMS, MSD, Pfizer, Eisai, GSK, Roche: travel, accommodations, expenses
P.A. Ascierto: Bristol-Myers Squibb, Roche-Genentech: grant, personal fees, honoraria, consultant, institutional research funding; GSK: personal fees, honoraria, consultant; MSD, personal fees, consultant; Ventana: grant, consultant, institutional research funding; Novartis: Consultant
All other authors have declared no conflicts of interest.

キーワード:術後補助療法、ニボルマブ、無再発生存、第3相

原文掲載日

翻訳竹原順子

監修野長瀬 祥兼(腫瘍内科/近畿大学医学部附属病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  6. 6FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  9. 9濾胞性リンパ腫治療の新時代
  10. 10脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他