逆流性食道炎患者での、症状の少なさと食道癌リスクの高さとの関連性/ピッツバーグ大学 | 海外がん医療情報リファレンス

逆流性食道炎患者での、症状の少なさと食道癌リスクの高さとの関連性/ピッツバーグ大学

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

逆流性食道炎患者での、症状の少なさと食道癌リスクの高さとの関連性/ピッツバーグ大学

原文

現在翻訳中(又は許諾取得中)です。暫くお待ちください。
許諾取得中の場合、最終的に許諾が得られず翻訳が不可能な場合が御座います。
予め御了承下さい。

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  3. 3コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  9. 9手術後に放射線治療を受けない非浸潤性乳管がん患者の長...
  10. 10免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要

お勧め出版物

一覧

arrow_upward