放射線療法を受けている患者割合が過小評価されている可能性/ミシガン大学 | 海外がん医療情報リファレンス

放射線療法を受けている患者割合が過小評価されている可能性/ミシガン大学

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

放射線療法を受けている患者割合が過小評価されている可能性/ミシガン大学

連邦政府による癌データベースが、放射線療法を受けている患者数を必ずしも正確に反映しているとは限らない。

従来考えられていたよりも多くの乳癌患者が、乳房温存手術後に放射線療法を受けている可能性があることが、ミシガン大学総合がんセンターの研究によって示された。

研究者らは、癌患者が適切な治療を受けているかどうかを判断する際によく利用される主要データベースに着目した。その結果、乳癌患者に対する放射線療法施行率が必ずしも十分に追跡できていない可能性があることが判明した。

Surveillance Epidemiology and End Results(SEER)プログラムでは、米国国立癌研究所が登録管理を行っており、癌の罹患率、有病率および生存率等の情報を収集している。研究者らは、人種・地理的格差など癌の治療法に関する傾向を調査するためにSEERデータを利用している。

「研究者はますますSEER等の実臨床に基づくデータベースを利用するようになっています。これは治療の質を記録するためだけでなく、放射線療法が臨床成績に及ぼす影響なども把握しようとしているためです」と、本研究の主著者であるReshma Jagsi医学博士(ミシガン大学医学部 放射線腫瘍学 准教授)は述べている。

Cancer誌オンライン版に掲載された本研究内容によると、研究者らはSEERプログラムに属する2地域、デトロイトおよびロサンゼルスで乳癌治療を受けていた女性患者に対して調査を実施した。患者らが受けていると報告した治療法は、SEERの登録内容と一致した。放射線療法を受けていると述べた患者1,292人のうち、273人でSEERデータベース上にはそのように記録されておらず、これは5人に1人を上回る数であった。この傾向はロサンゼルスで最も顕著にみられ、約1/3でデータベースと患者報告とが一致していなかった。デトロイトでは、11%の割合で放射線療法について正しく報告されていなかった。

過去に実施されたSEERデータに基づく複数の研究からは、患者らが、乳房温存手術後に推奨されている放射線療法を受けていないことが示されていた。また、放射線療法の実施には人種、年齢および地理的格差があることが分かった。こうした研究結果から、患者が確実に放射線療法を受けるようにするため、また放射線療法に対する恐怖を軽減し、さほど時間的な制約も感じさせないようにするための取り組みがなされることとなった。

SEERデータベースの一部に、こうした治療行為の及ぼす影響が全く正確に反映、評価されていない箇所があるとすれば、研究者らが投じた資金が、癌治療を良くするために適切に充てられているのかどうかが分からないと、Jagsi氏は問題点を指摘する。

「相対的有効性研究に対する興味が高まるにつれて、ますます多くの研究者がSEERのような登録データベースを利用するようになっています。データの質に一部限界があるとするなら、これらデータベースを利用して誤解を招きかねないような結論を出すのは避けなければなりません。こうした結論が、臨床上の意思決定、治療方針の両方に影響を与えてしまうのです」と、Jagsi氏は述べている。

乳癌に関する統計:米国癌協会調べでは、今年乳癌と診断される米国人は209,060人、乳癌で死亡するのは40,230人とされている。

Reshma Jagsi, M.D., D.Phil.氏の他の共著者は以下のとおりである:Paul Abrahamse, M.S.; Sarah T. Hawley, Ph.D.; and Steven J. Katz, M.D., M.P.H., all from U-M; John J. Graff, Ph.D., M.S., from Cancer Institute of New Jersey; and Ann S. Hamilton, Ph.D., from University of Southern California

以下の組織から資金提供を受けた:米国国立癌研究所、米国癌協会

著者らは、本研究に関して特定の組織との利害関係はないことを明らかにしている。

参照資料:Cancer, DOI: 10.1002/cncr.26295, published online June 29, 2011

******
濱田希 訳
中村 光宏(医学放射線/京都大学大学院医学研究科)監修
******

原文

 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward