変化に対応する—最新の研究データは進行中の臨床試験にどう影響するか | 海外がん医療情報リファレンス

変化に対応する—最新の研究データは進行中の臨床試験にどう影響するか

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

変化に対応する—最新の研究データは進行中の臨床試験にどう影響するか

米国国立がん研究所(NCI)/~がん研究の動向~

原文掲載日:2016年3月16日

 

がん分野の第3相臨床試験では、多くの場合新規治療を既存の標準治療と比較する。科学の急速な進歩に伴い、ある試験計画を別の研究結果が追い越すことがあり、その時は新規治療を含めた試験の再調整が必要となる。

 

試験の再計画が必要となった進行中の例では、最近開始された臨床試験で、NCI資金提供のECOG-ACRIN Cancer Research GroupによるEA1131試験がある。乳がんの中でも最も治療が困難なことで有名な型、トリプルネガティブ乳がん女性を対象にした試験である。この試験では、手術前に化学療法を受けたものの(術前化学療法と呼ばれる)、手術の時点で胸やリンパ節内にがんが残っていることが確認された(残存病変)女性を対象とした。試験の初期計画では、手術の後に術後化学療法を行う群か追加治療を行わない群に、患者を無作為に割り付ける予定であった。これは2015年5月の試験開始の時点で標準治療であった。

 

患者の登録を開始してからまもなく、日本と韓国の共同臨床試験CREATE-X(Capecitabine for Residual Cancer as Adjuvant Therapy)から、意外な結果が発表された。この試験は、術前化学療法の後に残存病変を有したホルモン受容体陽性またはトリプルネガティブ乳がんの女性などを対象とし、カペシタビンによる術後化学療法を行う群か、追加治療を行わない群かのどちらかに無作為に割り付けた。

 

CREATE-Xの結果は2015年12月に開催されたサンアントニオ乳がんシンポジウムにて発表され、カペシタビンによる治療を受けた女性は、追加治療を受けなかった女性と比べて、無再発生存期間が長かったことが明らかとなった。CREATE-Xの結果は、最新の併用化学療法後の手術の時点で乳がんが残った女性に対し、有望な治療選択肢を提示した。

 

CREATE-Xの結果は、まだ査読誌に掲載されていない。しかし、この患者群におけるカペシタビンの印象的な第一報を受けて、NCIおよびECOG-ACRIN試験代表者らは、一時的にEA1131試験を休止し、CREATE-X試験の利用可能データの慎重な見直しをすることが最善であるとした。交絡因子の一つとして、日本人はカペシタビン代謝の仕方が白色人種と異なっているため、米国で利用されている用量よりも、この薬剤に対して耐量が高い可能性がある。われわれは、米国の用量レベルを検討する時にこの要因を考慮にいれている。

 

われわれの取り組みはまだ完了していないが、この試験で、プラチナ製剤による術後化学療法が追加療法をしない時と比較して優れているかどうかの検討は行わないことを決めた。それに代わり、プラチナ製剤による化学療法対カペシタビンという2通りの術後化学療法を比較することにした。

 

この春試験が再開した時、もともと参加していた患者はそのまま参加を継続して良いが、医師と新たな情報についての話し合いは必要であろう。

 

現在、術前化学療法後に残存病変を有する乳がん女性に対するカペシタビンは、FDAに承認されていない。現在治療を受けている女性(この臨床試験以外で)に対しては、この薬剤をFDA認可外として使えるが、保険会社がこの条件において保険適用としない可能性がある旨を伝えるべきである。

 

CREATE-X試験の結果は、EA1131に対するだけでなく、他の進行中の試験に対しても影響を与える可能性がある。例えばNCIは、トリプルネガティブ乳がんの女性に対してチェックポイント阻害剤Pembrolizumab[ペンブロリズマブ](商品名:Keytruda[キートルーダ])の試験を行なっている。最初の試験コンセプトでは、過去にカペシタビンによる術後化学療法を受けた患者は試験に適格ではないとしていた。しかし、期待の高まる免疫療法の薬剤に関して、今は試験の適格基準を拡大し、そのような患者が参加することも検討中である。

 

米国外で行われた試験結果に関するこの再調査は、NCIがん治療評価プログラムで長い間存在したプロセスの一例にすぎない。われわれは、試験に影響を与え得る新しい情報に迅速に対応できるよう備えており、必要があれば試験プロトコルを修正することが可能である。

 

今回のケースのように、新しい情報を織り込むために改正をする間、試験を一時的に休止することはまれなことであり、新しいデータの信頼性が高い場合にのみ適用される。常に、われわれの取り組みの中心となるのは、安全かつ有効である新しい治療を効率的に患者に届けることである。

 

画像訳

Jo Anne Zujewski医師

Breast Cancer Therapeutics代表 NCIがん治療評価プログラム

 

原文

翻訳平沢紗枝

監修下村昭彦(乳腺・腫瘍内科/国立がん研究センター中央病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3個別化医療(Precision Medicine)に...
  4. 4アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  7. 7リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  8. 8ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他