農薬使用は多発性骨髄腫前癌状態のより高い危険性と関係する | 海外がん医療情報リファレンス

農薬使用は多発性骨髄腫前癌状態のより高い危険性と関係する

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

農薬使用は多発性骨髄腫前癌状態のより高い危険性と関係する

NCIニュース 2009年5月29日

ニュースノート:農薬使用は多発性骨髄腫前癌状態のより高い危険性と関連する。

NCI(米国国立癌研究所)の研究者らは、農業健康調査(Agricultural Health Study)のデータを使用し、数年前に立証された農薬暴露と多発性骨髄腫との関連性を、より精緻なものとし発展させた。研究者らは、職業上農薬を使用する人、特に農業従事者では、職業上農薬に曝露しない人と比較した場合、多発性骨髄腫の確立した前駆状態(意義未確定の単クローン性高ガンマグロブリン血症)となる危険性が、ほぼ2倍増大することを発見した。これらの結果は、農薬が多発性骨髄腫の発症と生物学的に関連する、という仮説をより強く支持するものとなる。

今年、多発性骨髄腫と診断される米国人はおよそ2万人と予測され、2009年にはこの疾患で約1万人が死亡すると推定される。本調査の成果はBlood誌で発表され、著者は、NCIのOla Landgren氏とその同僚、ミネソタ州ロチェスターのメイヨークリニックおよびNCIと同じく米国国立衛生研究所(National Institutes of Health)の1部門である米国国立環境衛生科学研究所(National Institute of Environmental Health Sciences)の研究者らである。

*****
大隅 郁子 訳
林 正樹 監修
******


原文

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward