[ 記事 ]

X線検査による 医療被曝の低減に向けて/FDA(米国食品医薬品局)

米国食品医薬品局(FDA)
Consumer Health Information www.fda.gov/consumer 2009年2月
原文
‘Reducing Radiation from Medical X-rays’
FDA Consumer Health Information / U.S. Food and Drug Administration FEBRUARY 2009
[画像]
医学にもたらされた最も著明な功績のひとつは、外科医がメスをふるうことなく体内をみられるX線の利用である。

「医療用放射線装置が利用できるようになる前には、事故にあって重傷を負った人がいた場合、どこを損傷しているのかを調べるために試験開腹が必要となることがよくありました」と、米国食品医薬品局(FDA)のマンモグラフィ品質管理・放射線プログラム部問(Division of Mammography Quality and Radiation Programs)副室長、物理学者の米国公衆衛生局長Thomas Ohlhaber氏は述べる。

「しかし現在では、重傷で救急室に運ばれたとしても数分以内にX線検査を受けることができます。それも高性能なコンピュータ断層撮影である「CT」装置を使うことが多く、損傷を評価して、かなり深刻な事態になる前に迅速に治療することができます」。
X線は事故による損傷部を特定するほか、さらに多くのことに用いられ、さまざまな疾患のスクリーニング、診断および治療に用いられています。X線は骨折から肺炎、心疾患、腸閉塞や腎結石まで、健康の問題を特定するために頭からつま先まで、体のほぼあらゆる部位に用いられます。さらに癌性腫瘍を見つけ出すだけでなく、それを破壊することも少なくありません。

医療用X線には、すばらしい価値とともに難点もあります。それは、人を放射線に曝露させることです。FDAは、X線装置をはじめとした放射線機器を規制対象としていますが、X線検査から最大の恩恵を受ける一方で、私たち一人一人が放射線被曝の低減においても重要な役割を担っています。

• 1980年代初頭、アメリカ合衆国人口に対する全放射線曝露において医療用X線が占める割合は約11%であった。現在では全放射線曝露のほぼ35%が医療用X線によるものであると推定されている。(放射性物質を用いて身体画像を描出する核医学画像技術が放射線曝露の約12%を占め、われわれが常時曝露されている環境中にある自然放射線が約50%である。)
• 1982年以降、医療用X線から受ける一人当りの放射線量がほぼ500%増大した。
• 今日、医療用X線による全曝露のほぼ半分がCT装置によるものであり、CT検査はほかのX線検査よりも放射線量が高い。
資料元 米国放射線防護測定審議会

 

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。