血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクとは関連しない | 海外がん医療情報リファレンス

血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクとは関連しない

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクとは関連しない

NCIニュース 2010年6月18日

血中ビタミンD値が高いほど癌の発生リスクは軽減されるかもしれないという希望が持たれていたが、大規模な研究により非ホジキンリンパ腫や子宮内膜癌、食道癌、胃癌、腎臓癌、卵巣癌、膵臓癌に対しては予防効果が無いことが認められた。

この研究は、米国国立衛生研究所の1機関である米国国立癌研究所(NCI)をはじめとするその他多く研究機関の研究者たちによって実施され、計10件の独立した研究で採取した血液サンプルのデータを総合して、血中ビタミンD高値の人々がこれらの稀な癌に罹りにくいのかどうかを調査した。これらの分析の詳細はThe American Journal of Epidemiology誌のオンライン版に2010年6月18日に発表され、2010年7月号の印刷版に発表された。

「これらの癌に対して血中ビタミンD濃度の高い人々が、通常の濃度の人と比べて癌になるリスクが低いという結果は得られなかった。また、ビタミンD値の範囲のもう一方の端において、値が低い人が癌の発生リスクが高いという結果も得られなかった」と試験責任医師の一人であるNCIのDemetrius Albanes医師は語った。

NCIのコホートコンソーシアム(Cohort Consortium)における共同研究の一環としてVitamin D Pooling Project of Rarer Cancersに参加している研究者たちは、研究の1つに協力参加した12000人越の男女から採取した血液におけるビタミンD値を検査した。試験参加者の中には癌を発症した人もいた。ビタミンD濃度は血中でのビタミンDの主要形態である25-hydroxyvitaminD(25(OH)D)を用いて測定された。

試験参加者は研究によっては30年以上も追跡調査を受けた。試験責任医師らは、血中ビタミンD値の高い(75 nmol/L以上)、あるいは低い(25 nmol/L以下)参加者における癌発生率と、血中ビタミンD値が正常範囲内(50〜75 nmol/L)の参加者における癌発生率を比較した。

これらの研究において、少数ではあるがビタミンD値が100 nmol/L以上の試験参加者の間では、膵臓癌の発生率が高まるという結果を認められたが、他の部位の癌に対しては発症率の上昇は認められなかった。この因果関係を明確にするために更なる研究が推奨された。

ビタミンDは皮膚が日光を浴びたときに自然に体内で生成される。またビタミンDを含む自然食品や栄養強化された食品、栄養補助サプリメントからも得ることができる。ビタミンDは健康な骨維持、カルシウム吸収、免疫作用のためには不可欠である。

これまで研究者および臨床医らはビタミンDの癌予防への有効性について期待してきた。ビタミンD値が高ければ大腸癌のリスクは低いという相関性がいくつかの文献で示されたものの一貫した根拠はない。

Vitamin D Pooling Projectを通じて、研究者らはアメリカ合衆国、フィンランドおよび中国からの試験参加者など、地理的にも年齢的にも多様な男性および女性のグループのデータを入手した。

各々の試験参加者群の集団の中で、ビタミンDが不足していた参加者群の割合は、地理的な要素や血液を採取した季節、人種、その他の要素により、3〜30% とばらつきが見られた。試験責任医師らは試験参加者の喫煙歴、生活様式、食生活を含めたその他多くの情報を入手していた。他の研究では25(OH)D値の高い人の特性として男性、やせ型、活動的という傾向があった。またマルチビタミンやカルシウムのサプリメントを多量摂取したりビタミンDが豊富な食品を多く接種する人は25(OH)D値が高いという報告もある。

「今回のコホートデータの統合解析では、ビタミンDは骨の健康には有効性が高いにもかかわらず、これらの頻度の低い癌の発症リスクの軽減と関連していなかった」とAlbanes氏は結論づけた。

アメリカ合衆国や世界各地の多くの人々が低い25(OH)D濃度を示している。米国の医学研究所食品栄養局(The Food and Nutrition board of the Institute of Medicine)や 全米科学アカデミー(National academy of science)によると、骨の健康と正常なカルシウム代謝を維持するために、年齢に応じて200〜600IUの毎日摂取が薦められており、高齢者では最大量である600IUを摂取すると良いとされている。加えてThe 2005 Dietary Guidelines for Americansでは、高齢者、肌の黒い人、十分に日光に当たることのできない人はビタミンD強化食品やサプリメントから質の高いビタミンDを補助的に摂取するように推奨している。ビタミンDを含有している自然食品(脂肪の多い魚、魚の肝油、卵)は非常に限られているので、ビタミンDの食事からの摂取は牛乳、ジュース、ヨーグルト、パンや朝食用穀物食品といった栄養強化食品でほとんどが補われている。

NCIのコホートコンソーシアムは、Vitamin D Pooling Project のように、遺伝子間や遺伝子と環境、また多数の環境因子間の相互作用を含めた癌の原因を調査する大規模な共同研究を増進する目的で2000年に設立された。

今回の稀な癌の研究結果はただ1つのコホート研究だけでは効果的に調査することはできない成果であり、Vitamin D Pooling Projectは、コホートコンソーシアムの主要な目的と利点を明確化した。プロジェクト運営委員会はNCIの研究者を含む以下の10コホート集団からなる:the American Cancer Society; Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School, the Harvard School of Public Health. Boston, Mercy Medical center, John Hopkins Bloomberg School of Public Health Baltimore, New York University School of Medicine, New York city, University of Hawaii Honolulu, Vanderbilt University School of Medicine Nashville

*****
鈴木 牧子 訳
北村 裕太 (農学/医学)監修
******


原文

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3がんに対する標的光免疫療法の進展
  4. 4「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8ASCO、がん臨床試験に対する適格基準の緩和を推奨
  9. 9コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  10. 10リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward