進行骨髄線維症患者におけるPRM-151療法の良好な忍容性/MDアンダーソンがんセンター | 海外がん医療情報リファレンス

進行骨髄線維症患者におけるPRM-151療法の良好な忍容性/MDアンダーソンがんセンター

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

進行骨髄線維症患者におけるPRM-151療法の良好な忍容性/MDアンダーソンがんセンター

進行骨髄線維症患者におけるPRM-151療法の良好な忍容性

MDアンダーソンがんセンター主導試験の結果:米国血液学会(ASH)発表

MDアンダーソンがんセンター ニュースリリース、2014年12月8日

進行骨髄線維症患者を対象としてPRM-151の投与が進行的な骨髄の線維化(瘢痕化)を抑制するかを検討した試験において、初めて肯定的な結果が得られた。骨髄線維症は、生命を脅かす骨髄の腫瘍性疾患である。

本試験は、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターの白血病研究科の教授であるSrdan Verstovsek医学博士の主導で実施され、27人の患者を観察し、PRM-151の良好な忍容性が示された。Verstovsek医学博士の試験結果を、サンフランシスコで開催されたASHの第56回年次会議で報告するとともに、ASHの刊行雑誌であるBlood誌に発表した。

「PRM-151と関連する骨髄抑制、すなわち骨髄が血球や血小板を生成する能力の低下は認められませんでした。また、骨髄線維症の臨床的および組織学的な両方の側面から有望な成績が得られました」とVerstovsek医学博士は述べた。「骨髄の線維化の抑制、血液検査値の安定化や改善、症状の緩和、脾臓サイズの安定化や縮小が示され、PRM-151の開発を進める利点は明らかです」。

骨髄線維症では、悪性骨髄細胞が蓄積することで炎症反応が誘発され、その結果、骨髄が線維化し、骨髄の造血能が低下し、貧血が発症する。米国では、毎年約3,000人が骨髄線維症と新たに診断される。骨髄線維症患者の平均余命は2~11年であり、各種の予後因子により左右される。

骨髄線維症患者は、疲労、体重減少、腹痛、激しい痒み、寝汗、骨痛など、多くの衰弱性の症状を呈する。骨髄線維症の特徴の一つは脾臓の腫大であり、これは多くの症状と関連している。

PRM-151は、ペントラキシン-2の遺伝子組換え体である。ペントラキシン-2は、組織損傷部で作用するヒトタンパク質であり、マクロファージへの分化を調節し、線維化を抑制および改善させる。PRM-151は、複数の線維症モデル動物で幅広い抗線維化作用を示し、また第1相試験で用量制限毒性が認められなかった。Verstovsek医学博士が実施した試験により、PRM-151はルキソリチニブ併用時および非併用時のいずれにおいても良好な忍容性を示し、骨髄線維症の有望な治療薬であることが明らかとなった。

MDアンダーソンがんセンターの白血病研究科の主任であるHagop Kantarjian医師も本試験に参加した。
本試験に参加した他の医療機関は以下の通りである。
Mayo Clinic Cancer Center, Scottsdale, Ariz.; St. Paul’s Hospital and the University of British Columbia, Vancouver; Princess Margaret Cancer Centre, Toronto; The Icahn School of Medicine at Mount Sinai, New York; New York Presbyterian Hospital-Weill Cornell Medical College, New York; Brigham and Women’s Hospital, Boston; Massachusetts General Hospital, Boston; Promedior Inc., Lexington, Mass.; and Stanford University School of Medicine, Stanford, Calif.

本試験は、Promedior Inc.社および米国国立衛生研究所(NIH)(CA016672)の資金提供を受けた。

******
永瀬祐子 訳
吉原 哲(血液内科/コロンビア大学CCTI)監修
******


原文


printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward