免疫系を知ろう=がんを理解するシリーズ=/NCIがんトピック | 海外がん医療情報リファレンス

免疫系を知ろう=がんを理解するシリーズ=/NCIがんトピック

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

免疫系を知ろう=がんを理解するシリーズ=/NCIがんトピック

「がんを理解する」シリーズ
ライフサイエンスや医療の専門家、あるいは関心ある一般の方々にわかりやすく解説したグラフィック豊富な教材をNCIが提供しています。

(*日本語版は以下をクリックしてパワーポイントをダウンロード(10.7MB)することによりご覧いただけます )

● 「免疫系を知ろう」 https://www.cancerit.jp/uploads/immune_system_130910.ppt
(日本語版作成 2013/9/1、原文2006/09/01)

(スライド3)ヒトの体は多くの微生物にとって理想的な環境ですので、微生物は皮膚というバリアを突破して体内に入ろうとします。免疫系は、そのような「外から」の侵入から体を守るために発達した細胞、組織、臓器から成る全身のネットワークです。

免疫系の本来の標的は感染性病原体です。感染性微生物には、このレンサ球菌などの細菌、真菌(これはカンジダ菌で酵母感染症を引き起こします)、マラリアの原因となる蠕虫様の微生物などの寄生生物、そしてこのSARSウイルスなどのウイルスがあります。

(スライド4)免疫反応の中心となるのは、「自己」と「非自己」を見分ける能力です。体の細胞の一つ一つには、同じセットの独自の表面タンパク質があり、これによって「自己」と認識されます。通常、免疫細胞は、同じパターンの自己マーカーを持つ自身の体の組織を攻撃しません。むしろ、免疫系は体のほかの細胞と平和に共存します。これを自己寛容といいます。

ヒトの細胞にあるこの独自のマーカーセットを、主要組織適合遺伝子複合体(MHC)タンパク質といいます。MHCには、すべての細胞にあるMHCクラスIタンパク質と、特別な細胞だけにあるMHCクラスIIタンパク質の2種類があります。

・・・

ジャムティ関西(市中芳江、武内優子、寺田真由美、橋本仁、波多野淳子、岩崎多歌子、渡邊岳、渉里幸樹 訳 : 金田澄子(薬学博士)監修

=「がんを理解するシリーズ」= (原文ページ)

 

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  3. 3コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  4. 4BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  5. 5アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7前立腺癌に対するホルモン療法
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9濾胞性リンパ腫治療の新時代
  10. 10脂肪細胞が化学療法の効果を妨げる

お勧め出版物

一覧

arrow_upward