がんの身体的影響 -リハビリテーションのサポート | 海外がん医療情報リファレンス

がんの身体的影響 -リハビリテーションのサポート

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

がんの身体的影響 -リハビリテーションのサポート

LIVESTRONG > 支援を得る(Get Help) > がんについて学ぶ(Learn About Cancer) > がん支援のためのトピックス(Cancer Support Topics) >がんの身体的影響(Physical Effects of Cancer

LIVESTRONGは、ランス・アームストロング財団の公式サイトです。

がん治療では体に大きな負担がかかることがあります。身体のリハビリテーションを行うことで、がんやがん治療などから感じうる身体変化からの回復が可能になります。

リハビリテーションのサポート:詳細情報

ここでは、この話題についての一般的な内容が記載されています。サバイバーの生活に影響を与えるこの重要な問題について知っておくためのスタート地点となり、そこからさらに学べる情報源を提供することを目的としています。これらの情報は、医学的、法的、経済的な専門のアドバイスとして提供するものではありません。詳細については、熟練した専門家にご相談ください。ご質問及び情報については「質問例」及び「その他の情報源」をご覧ください。

がんリハビリテーションでは、重い病気やけがから身体的および精神的に回復させるためにさまざまな医療専門家や医療資源を活用します。プライマリケア医、がん専門医、リハビリテーション医(リハビリテーション専門の医師)は他のリハビリテーション専門家と共に、がんサバイバーの方へのケアを協力して行います
通常、リハビリテーション医療に携わる医療者はチームを組んで働き、がんサバイバーの方の身体的、精神的回復を最大限に高めるよう努めます。チームを構成するメンバーは、がんの診断、治療、また副作用や後遺症といった他の医療的問題によって変わります。

リハビリテーションの効果があるのはどんな人でしょうか?

がんやがん治療により疼痛、疲労感、筋力低下、またそれ以外にもさまざまな身体的問題が発生します。それらは身体、精神、実社会の面でさまざまな形で生活に影響してきます。がんサバイバーの方全員が専門家の指導によるリハビリテーションを必要とするわけではありませんが、多くの方は筋力や体力を向上させるトレーニングだけでも行う必要があります。

専門家の助言や指導を受けることで健康状態や活動能力(ability to function)を可能な限り健康時に近く、より早く、かつより効果的に改善することができます。がんサバイバーの方の疲労、疼痛、そして全体的な活動能力を改善させるのに役立つ多くの医療資源や治療法があります。仕事の継続や復職を希望するサバイバーの方にとってはリハビリテーションが役に立ちます。

誰に効果があるでしょうか?

以下のような徴候のある方はリハビリテーションの効果があります。

  • 診断された当時に比べ筋力の低下を感じる
  • 会話や嚥下が困難である
  • がん性疼痛とは違った痛みを感じる
  • 診断前より疲労感が大きい
  • 筋肉や整形外科的な問題がある
  • がん治療から回復し、以前やっていたことをもう一度やりたい
  • 訓練時間や最良の訓練方法がわからない
  • 記憶障害や集中力低下に悩んでいる

 

リハビリテーションプランに組み込まれるべき内容は何でしょうか?

リハビリテーション医療は、予防、診断、治療、そして重い病気やけがからの回復を最大限に高める技術に取り組んでいます。リハビリテーションのサポートや活動についての全体的なプランは、医療者と患者が一緒に作成すべきです。そして、患者とプランに応じたチームメンバーがそのプランを実行します。

リハビリテーションプランは、活動可能な範囲内で状態を向上させることができます。プラン作成のため、医療チームは疼痛や疲労感、身体的障害、精神的不安、仕事能力のような実践的問題に関する質問を行います。プラン作成の参考として、医療者との面接前に現在の要望や不安な点をリストアップしてください。

リハビリテーションチームの各メンバーは、各自の専門分野におけるプランを一緒に作成します。たとえば、理学療法士は筋力や可動域回復を目的としたプランを作成します。作業療法士は、家庭内や職場、地域における日常生活へ復帰するための支援を行うことができます。言語聴覚士は、発話や嚥下に関する問題の解決を支援します。職場復帰支援専門家は、復職に成功するためのプランを一緒に作成します。

リハビリテーションを提供するのは誰でしょうか?

リハビリテーションは、がん専門医、プライマリケア医、リハビリテーション医など、医師やオステオパシ―医が処方します。リハビリテーション医療の専門性は、リハビリテーションを専門とするリハビリテーション医が主導しています。リハビリテーション医は、医学部を卒業し、物理療法・リハビリテーション科(PM&R)の卒後専門研修をさらに4年以上行っています。

リハビリテーション医は疼痛の診断や治療を行い、病気やけが、身体障害によって失われた機能レベルを最大限回復することに従事します。また、非外科的治療を行い、予防にも携わります。がんのリハビリテーションを専門に行い、がんサバイバーの方の治療中や治療後の回復に携わる医師もいます。

また,作業療法士、理学療法士、リハビリテーションナース、言語聴覚士、メンタルヘルス専門家など、さまざまな分野の専門家もケアを提供します。

下記の表は、専門家の職種とその業務内容の一覧です。 

職種

業務内容

医師(リハビリテーション医をはじめとする各科医師、およびオステオパシ医) チームのリーダーである医師は、行うべき検査や処方すべき治療法の決定を行います。
理学療法士 理学療法士は、主に筋力や柔軟性、体力、可動域の回復を支援します。疼痛緩和も行い、リンパ浮腫などの病状管理も行えます。理学療法士の多くは、整形外科的あるいは神経学的といった,何らかの領域における医学的問題を専門としています。
作業療法士 作業療法士の主な目的は、入浴や着替え、そして復職に至るまで、日常生活を取り戻すための支援を行うことです。作業療法士   は、上肢筋力や協調動作、可動域の回復支援など、上肢運動機能の改善に多大な努力をささげています。また疼痛緩和も行い、リンパ浮腫療法士の認定を受けて いる者もいます。
言語聴覚士 言語聴覚士は、言語理解や発話、さらには嚥下障害に関する問題を専門としています。
リハビリテーションナース リハビリテーションナースは、入院のリハビリテーションプランには必ず組み込まれますが、外来のリハ ビリテーションプランにもしばしば組み込まれます。リハビリテーションナースは、一般的な看護師の業務すべてを行いますが、腸管,膀胱機能,、性機能問題のある患者   の支援にも積極的に取り組み、ご家族への指導や支援も行います。また、チームの行っている業務を補助することで移動や会話、嚥下機能の回復支援を行うこと もできます。
職場復帰支援専門家 この専門家は、復職が可能か評価し、可能であれば復職を果たす最良な方法を検討します。パソコン用片手キーボードなど、特別な機器の使用にも携わります。全く異なる職種への就業が必要となる場合、職業訓練を提案します。
レクリエーションセラピスト このセラピストは、リハビリテーションプランに常に組み込まれるわけではありません。ですが、多くの病院で は常勤のレクリエーションセラピストが1名以上在籍しています。高いQOLを得るための一環である余暇や教養的な活動を享受できるよう支援します。そ   のような活動には、料理、ガーデニング、スポーツなどがあります。
メンタルヘルスカウンセラー リハビリテーションプランの多くには、メンタルヘルス相談に関する内容が組み込まれています。これには精神科医による診察や、心   理士やソーシャルワーカーによる評価を含むことがあります。メンタルヘルスカウンセラーは、かつて送っていた生活とは異なる生活に対して精神面で適応するための 支援を数多く行っています。
神経心理士 これはメンタルヘルス関連の専門家の1つで、記憶、集中力をはじめとする脳機能に問題を生じた患者における,認知機能の問題点を判断する検査を担当します。
管理栄養士 管理栄養士は、がんの治療やリハビリテーションを受けている方に対して最適な食事方法を設定します。管理栄養士は、食事による体重増加・減少,カロリー改善方法に関する指導を行うことができます。
装具士 装具の調整や製作を行う訓練を受けた専門家です。装具は、筋力低下や麻痺のある患者が必要とする場合があります。
義肢製作士 主に四肢切断後の患者に対し、義肢の製作や調整を専門とするリハビリテーション専門家です。
ケースマネージャー ケースマネージャ―は、リハビリテーションチーム、保険会社、患者と家族との橋渡しを行います。ケースマネージャーは保   険に関する疑問に答えることができ、また可能な限り最良のケアを受けるための支援を行うことができます。ケースマネージャ―は、入院プランと外来プランの   どちらにも組み込まれます。

 

 

リハビリテーションの必要期間はどのくらいでしょうか?

 

身体的リハビリテーションプランが順調に行われれば、がんと関わるどの段階においてもQOLが向上します。サバイバーの方が感じる身体的副作用は一過性のこともあり、またがん治療中や治療終了直後に発生することもあります。こうした場合、サバイバーの方はその一時的変化が日常生活に影響する間だけリハビリテーションに参加することもできます。

また人によっては、身体的後遺症(遅発性副作用)が治療終了後何年たっても出現しないことがあります。こうした変化により疼痛が発生したり日常生活の変容が必要となった場合、その時点でリハビリテーションケアを必要とし医療者が処方を行います。あなたの受け持ちがリハビリテーションのニーズにどう答えてよいかわからないときは、適切な治療プランを処方できるリハビリテーション医を紹介することができます。

リハビリテーションにおける治療やケアが必要とする期間は、対応する問題によって異なります。保険プランによっては、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士への受診回数に制限があります。加入しているプランの適用範囲については、保険会社やケースマネージャ―に問い合わせて下さい。保険適用外の場合は、お住まいの地域で,サービスを受け続けられる他の選択肢があるかも知れません。お住まいの地域にある他のケアについては、医療チーム(とくにオンコロジ―ソーシャルワーカー)に相談してください。

この記事は、以下の研究者との共同作業により作成されました。Julie Silver医師 ・・ハーバード大学医学部 物理療法・リハビリテーション科助教授
Sue L. Frymark 正看護師・・Cancer Care Resources事務局長

論文掲載誌  Frymark, S.   “Cancer Rehabilitation Services-The Road to Survivorship.”Oncology   Issues 14 (6)1999:16-19

 

リハビリテーションのサポート:アドバイス

以下のアドバイスは、前述の「詳細情報」に基づいています。学んだことを理解し、その情報を必要性にあわせて応用するのに役立ちます。これらの情報は、医学的、法的、経済的な専門のアドバイスとして提供するものではありません。詳細については、熟練した専門家にご相談ください。どのような質問をすればよいか、さらに詳細な情報が知りたい場合は、「その他の情報源」をご覧ください。

医療チームと共にリハビリテーションプランを作成するときには自分の関心事を伝えましょう

  • 活動するための能力に影響する身体的問題(仕事や運動時の集中困難や、車の乗り降りのような単純なことまで)をリストアップしましょう
  • 担当の医療チームととくに関心のあることについて話し合いましょう
  • 担当のリハビリテーション専門家に、ニーズの評価やチーム内の他職種へ提案を報告するよう依頼しましょう
  • 医療者と共に、身体的および精神的回復のためのプランを作成しましょう
  • あなたに必要なリハビリテーションを専門とする医療者への紹介を依頼しましょう
  • 回復に必要な食事で何が最適かを管理栄養士に相談しましょう
  • 作成したプランを家族、友人、支援団体などサポートしてくれる人たちと共有しましょう。

医療者がリハビリテーション治療について知識があり指導が可能であることを確認しましょう。 専門家を受診した時に、過去にがんサバイバーの治療経験があるかを聞きましょう。以下のように質問してもよいでしょう:

  • がんサバイバーの治療経験は多いですか?
  • 似たような問題をもつ患者の治療に携わったことがありますか?
  • 何が私の健康と活動能力の向上に役立つと思いますか?
  • あなたの提案について,私の医療チームの他のメンバーと話し合うお気持ちがありますか?

特に気になる点についてはこのように聞くこともできます

  •  バランス感覚を改善させるためには何をすればいいでしょうか?    手の筋力は改善できるでしょうか?
  • 嚥下機能の向上には何をすればよいでしょうか?    これだけ疲労を感じる中で仕事や家事をこなすにはどうしたらよいでしょうか?
  • 記憶力低下に関してできることは何でしょうか?
  • 家でも行える運動プログラムにはどのようなものがあるでしょうか?

リハビリテーションプラン作成のため、医療チームがあなたに以下のような質問をすることがあります。

  • がんの診断前はできていたのに今ではできなくなったことに何がありますか?
  • 食事や食欲はどう変わりましたか?
  • 活動レベルや運動療法計画はどう変わりましたか?
  • がんやがん治療が仕事能力にどう影響しましたか?
  • 以前できていたのに今ではできなくなった日常作業や余暇活動には何がありますか?
  • 疼痛が活動能力(良質な睡眠が得られるかなどを含め)にどの程度影響しているでしょうか?
  • 筋力やスタミナを鍛える必要があると考えていますか?
  • 疲労を感じていますか。もしそうなら、疲労が日常の活動能力にどの程度影響していますか?
  • 悲しみ、心配、不安や抑うつ感はありますか。またそうした感情が活動能力にどの程度影響しているでしょうか?

必要なリハビリテーションが保険プランの適用範囲内か確認しましょう

  •  多くの場合、リハビリテーションを受けるには医療者の指示書が必要です。これは、がん専門医やプライマリケア医、リハビリテーション医からもらえます。
  • 保険の適用範囲を確認し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士それぞれの年間受診許容回数を見てください。各保険会社のリハビリテーションへの適用範囲はそれぞれ違います。保険会社の相談窓口に連絡するかケースマネージャに相談し、とくにリハビリテーションについて保険プランの適用範囲内と範囲外のものを聞いてください。
  • 医療機器や補助具が必要な場合、費用について,これを勧めたり処方している専門家に相談してください。多くの機器は保険やメディケアが適用されますが、適用されない場合もあります。経済的に医療機器や補助具を入手できないときは、別の入手方法もあります。
  • リハビリテーションや特殊器具を必要とするものの,保険に加入していないときは、ソーシャルワーカーに相談してください。がんソーシャルワーカーは、こうした必要なケアや機器を安価ないし無料で入手できる、地域内の機関を紹介できることもあります。

国物理療法・リハビリテーション学会 (www.aapmr.org)は、お住まいの地域でリハビリテーション医を見つけるお手伝いをします。

リハビリテーション医は、重い病気やけがと診断された後身体的回復の支援を行います

リハビリテーションのサポート: その他の情報源

前章では、詳細情報、アドバイス、このトピックに関連した質問について述べています。本章では、サバイバーががんと付き合う上で役立つ支援や良質のサービスを提供する、その他の情報を紹介します。

LIVESTRONG Cancer Navigation CenterLIVESTRONG がんナビゲーションセンター)

www.LIVESTRONG.org/GetHelp

Email: Cancer.Navigation@LIVESTRONG.org
Phone: 1.855.220.7777 (英語・スペイン語)
案内は月~金、9時~5時. (米中部時間).時間外はボイスメールが利用可

このナビゲーションセンターは、がんサバイバーなら誰にでも匿名で無料の1対1のサポートを提供しています。医療機関ではなく、以下のサービスを提供する機関です。

・ 精神的サポート:がんの診断と向き合うための手助け、サポートグループやサバイバー同士のつながりを探す手伝いなど。

・ 不妊リスクおよび妊孕性温存の方法:不妊リスクの情報、低価格の妊孕性温存の方法を探す手伝いなど。

・ 保険、雇用および経済的不安:雇用の権利および福利厚生、経済的援助、負債管理、保険およびその支払いに関する問題、高額医療費償還払い(コーペイサービス)による医療保険などの情報

LIVESTRONGはスタッフにがんナビゲーターの専門家を擁するのに加え、他の専門的機関、Patient Advocate Foundation, Imerman Angels, Navigate Cancer Foundation and EmergingMedと協力してサポートを提供しています。

 

原文ページへ

■  ‘ジャパン・フォー・リブストロング’(Japan for LiveSTRONG)のサイト

***************************
渋谷武道 訳
廣田裕 (呼吸器外科/とみます外科プライマリーケアクリニック)監修
***************************

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3がんに対する標的光免疫療法の進展
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  6. 6BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  10. 10ASCO、がん臨床試験に対する適格基準の緩和を推奨

お勧め出版物

一覧

arrow_upward