形質転換成長因子β-1は上皮細胞株におけるSnail転写因子を誘導する:上皮-間葉転換の機構 | 海外がん医療情報リファレンス

形質転換成長因子β-1は上皮細胞株におけるSnail転写因子を誘導する:上皮-間葉転換の機構

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

形質転換成長因子β-1は上皮細胞株におけるSnail転写因子を誘導する:上皮-間葉転換の機構

Transforming growth factor beta-1 induces snail transcription factor in epithelial cell lines: mechanisms for epithelial mesenchymal transitions.
J Biol Chem. 2003 Jun 6;278(23):21113-23.
Peinado H, Quintanilla M, Cano A.
Instituto de Investigaciones Biomedicas “Alberto Sols” (CSIC-UAM) and Departamento de Bioquimica (UAM), Arturo Duperier 4, 28029(スペイン マドリード)

Snail転写因子は上皮細胞株におけるE-カドヘリンの強力な抑制因子であると最近報告されており、Snail転写因子が常時発現するとE-カドヘリンが発現しなくなり、上皮-間葉転換を誘導し、浸潤性の表現型となる。腫瘍発育と腫瘍進展におけるSnail発現の制御機構はまだ解明されていない。本稿では、形質転換成長因子β-1(TGFβ1)が、マディン・ダービー(Madin-Darby)イヌ腎細胞においてSnail発現を誘導し、MAPKシグナル伝達経路に依存する機構によって上皮-間葉転換を引き起こすことを明らかにする。さらに、TGFβ1はSnailプロモーターを活性化させるのに対して、形質転換成長因子β-2はより小さい効果しか持たないが、Snailプロモーター誘導においてはTGFβ1と協調する。興味深いことに、TGFβ1が介在するSnailプロモーター誘導はH-Ras(N17Ras)のドミナント・ネガティブ体により阻害されるが、発癌性H-Ras(V12Ras)はTGFβ1と相乗的に協調してSnailプロモーター活性を誘導する。SnailプロモーターにおけるTGFβ1の影響はMEK1/2活性に依存するが、Smad4活性とは無関係のようである。さらに、H-Rasが介在するSnailプロモーター活性誘導は、H-Ras単独もしくはTGFβ1の存在のもとで、MAPK活性とホスファチジルイノシトール3-キナーゼ活性の両者に依存する。これらのデータはMAPKとホスファチジルイノシトール3-キナーゼシグナル伝達経路が、おそらくRas活性化とその下流エフェクターを介してTGFβ1によるSnailプロモーター発現に関与していることを示すものである。

PMID: 12665527

平 栄(放射線腫瘍科) 訳

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5がんに対する標的光免疫療法の進展
  6. 6「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  7. 7HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward