非小細胞肺癌に対する動体追跡放射線治療による定位放射線治療:臨床転帰 | 海外がん医療情報リファレンス

非小細胞肺癌に対する動体追跡放射線治療による定位放射線治療:臨床転帰

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

非小細胞肺癌に対する動体追跡放射線治療による定位放射線治療:臨床転帰

Stereotactic radiotherapy with real-time tumor tracking for non-small cell lung cancer: Clinical outcome.
Radiother Oncol. 2009 Mar 16. [Epub ahead of print]
van der Voort van Zyp NC, Prvost JB, Hoogeman MS, Praag J, van der Holt B, Levendag PC, van Klaveren RJ, Pattynama P, Nuyttens JJ.
Radiation Oncology Department, Daniel den Hoed-Erasmus Medical Center(オランダ ロッテルダム)

目的:手術不能stage I非小細胞肺癌(NSCLC)患者70例に対する動体追跡放射線治療(real-time tumor tracking)の臨床転帰を報告すること。

対象と方法:手術不能な末梢性の初期非小細胞肺癌患者70例を、サイバーナイフを用いて45Gyもしくは60Gyを3分割で治療した。病理診断は51%の症例で得られた。39例はT1腫瘍、31例はT2腫瘍であった。マーカーは気胸のリスクに応じて経血管的、経皮的肺内、もしくは肺外アプローチで留置した。

結果:60Gyで治療した患者の2年局所制御率は96%であるのに対し、総線量45Gyで治療した患者では78%であった(p=0.197)。局所再発した全例(n=4)がT2腫瘍であった。全群での2年全生存率は62%、2年原病生存率は85%であった。追跡期間の中央値は15カ月である。Grade 3毒性をマーカー留置後2例(3%)に認めた。治療関連晩期grade 3毒性を7例(10%)に認めた。Grade 4毒性を示した症例はなかった。

結論:非小細胞肺癌症例に対する60Gy3分割での動体追跡放射線治療は、1年および2年局所制御率が96%と良好な成績を示した。毒性は低かった。

PMID: 19297048

平 栄(放射線腫瘍科) 訳

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4がんに対する標的光免疫療法の進展
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  10. 10リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward