インド農村部での子宮頚癌のHPVスクリーニング検査 | 海外がん医療情報リファレンス

インド農村部での子宮頚癌のHPVスクリーニング検査

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

インド農村部での子宮頚癌のHPVスクリーニング検査

HPV screening for cervical cancer in rural India.
N Engl J Med. 2009 Apr 2;360(14):1385-94.Sankaranarayanan R, Nene BM, Shastri SS, Jayant K, Muwonge R, Budukh AM, Hingmire S, Malvi SG, Thorat R, Kothari A, Chinoy R, Kelkar R, Kane S, Desai S, Keskar VR, Rajeshwarkar R, Panse N, Dinshaw KA.
国際がん研究機関(フランス(リヨン))

背景:1999年10月に我々はインドのウスマーナーバード地方で、ヒトパピローマウイルス(HPV)検査、細胞診、または酢酸を用いた子宮頚部の視診(VIA)による一回のスクリーニングを行い、子宮頚癌の発生率とその関連死亡率に対する効果の評価を開始した。

方法:このクラスター・ランダム化試験では、30才から59才の131,746名の健常女性からなる52集団の村落を各々13集団の4群に無作為に割り付けた。各群はHPV検査(34,126名)、細胞診(32,058名)、VIA(34,074名)、標準治療(31,488名:対照群)に無作為に割り付けられた。スクリーニング検査が陽性の女性はコルポスコピーと生検を施行し、子宮頚部に前癌病変もしくは癌があった場合は適切な治療を受けた。

結果:HPV検査群では127例(このうち39例はstage II以上)が子宮頚癌と診断され、一方、対照群は118例(このうち82例が進行癌)であった(HPV検査群での進行癌診断のハザード比, 0.47; 95%信頼区間 [CI], 0.32-0.69)。HPV検査群では34例が癌により死亡したのに対し、対照群では64例が死亡した(ハザード比, 0.52; 95% CI, 0.33-0.83)。細胞診群やVIA群では対照群と比較して進行癌の患者数や死亡数の有意な減少は認められなかった。スクリーニングを受けた女性の0.1%に軽度の有害事象が認められた。

結論:低資源環境では、1回のHPV検査は進行性子宮頚癌患者数と子宮頚癌による死亡数の有意な減少と関連していた。

PMID: 19339719

平 栄(放射線腫瘍科) 訳

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4がんに対する標的光免疫療法の進展
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  7. 7「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  8. 8ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がん...
  9. 9HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  10. 10がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加

お勧め出版物

一覧

arrow_upward