アバスチン、スーテントは乳癌幹細胞を増加させる/ミシガン大学 | 海外がん医療情報リファレンス

アバスチン、スーテントは乳癌幹細胞を増加させる/ミシガン大学

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

アバスチン、スーテントは乳癌幹細胞を増加させる/ミシガン大学

アバスチン、スーテントは乳癌幹細胞を増加させる

研究結果から乳癌に対する抗血管新生療法の限界を説明

ミシガン大学総合がんセンターの研究者らが実施した新しい研究によると、血管の成長を阻害する癌治療は、マウスにおける乳癌幹細胞数を増加させることが判明し、これらの薬剤が生存期間を延長させない理由を説明できそうだ。

アバスチンやスーテントなどの薬剤は乳癌治療に有効なものとみなされてきた。しかし、これらの薬剤は腫瘍を縮小させ癌進行に至る期間を延長させるものの、その効果は持続せず、最終的に癌は再び増殖し広がっていく。

「本研究により、アバスチンなどの血管新生阻害剤は乳癌女性における腫瘍再発までの期間を遅延させるが、患者の生存率に影響を与えないという臨床試験結果を説明しうる。われわれの結果を臨床に適用し、治療を効果的に行うならば、現在われわれの研究室で試験中の治療法のように、これらの薬物と癌幹細胞阻害薬を併用することが必要であろう」と、本研究著者であるミシガン大学総合がんセンター長の Max S. Wicha医師は述べた。

研究者らが乳癌発症マウスを対象にアバスチン(ベバシズマブ)およびスーテント(スニチニブ)を投与したところ、両薬物とも血管新生といわれる過程において血管の形成と成長を阻害することで効果を発現した。しかし、彼らはこれらの薬物を投与された腫瘍は、腫瘍内にわずかに存在する、癌の増殖、浸潤を誘導し、しばしば標準治療に耐性を生じさせる癌幹細胞をより増殖させることを発見した。これら薬物による治療後、腫瘍の形成に関わる癌幹細胞数および腫瘍中の癌幹細胞の割合ともに増加した。

研究者らは癌幹細胞が増加したのは腫瘍低酸素といわれる、細胞の低酸素環境に対する細胞の反応が原因であることを発見した。そして癌幹細胞を活性化させる低酸素に関与する特異的経路を確認した。

本研究の結果は米国科学アカデミー会報誌(Proceedings of the National Academy of Sciences)早版オンライン版に掲載された。

FDAは最近、乳癌に対するアバスチンの承認を撤回したが、本薬剤の他の癌種に対する使用承認は継続されている。その承認取り消しは、アバスチンからベネフィットが得られるのは短期間であり、患者の乳癌はすぐに再発しその癌は以前に増してより浸潤性が高く全身に転移することを示した臨床試験結果に対処したものである。よって総合的に本薬剤は患者の生存期間を延長させないと判断された。

現在の研究では、血管新生阻害薬に癌幹細胞阻害薬を併用することで治療効果が高まる可能性が示唆されている。研究者らはこの治療法についてマウスで試験中であり有効な初期データを得ている。

乳癌統計値:米国癌協会によると今年1年で米国人209,060人が乳癌と診断され40,230 人が死亡するとみられている。

共著者:Sarah J. Conley氏、 Elizabeth Gheordunescu, 氏、 Pramod Kakarala氏、 Bryan Newman氏、Hasan Korkaya氏、Amber N. Heath氏、Shawn G. Clouthier氏(以上ミシガン大学)

資金提供:乳がん研究財団(Breast Cancer Research Foundation)、米国国立衛生研究所、トーブマン研究所( Taubman Institute)

情報公開: Wicha氏はファイザー社およびOncoMed Pharmaceuticals社の顧問でありOncoMed Pharmaceuticals社の株式を保有する。

*****
武内優子 訳
原野謙一(乳腺科・婦人科癌・腫瘍内科/日本医科大学武蔵小杉病院) 監修
*****

原文

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  9. 9専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  10. 10免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要

お勧め出版物

一覧

arrow_upward