[ 記事 ]

NCI’爆弾質問(PQ)’プロジェクト

  • 2011年10月23日

    米国国立癌研究所(NCI)―米国衛生研究所(NIH)

    ’爆弾質問(PQ)’プロジェクト
    ―Provocative Questions

    癌治療の進歩のため、解決しにくい疑問に着目する

    _________________
    ‘爆弾質問(PQ)’プロジェクトホーム 
    → ワークショップからの質問集(2010年10月9日、2011年2月4日

     _________________

    Request for Applications:
    http://grants.nih.gov/grants/guide/rfa-files/RFA-CA-11-011.html
    http://grants.nih.gov/grants/guide/rfa-files/RFA-CA-11-012.html

    ’爆弾質問(Provocative Questions)’プロジェクトとは何ですか?

    ’爆弾質問’プロジェクトとは、研究室実験、臨床、人口学などの領域のNCI研究者らが、より効果的に創意に富んだ研究を行ううえで刺激となるよう、重要であるにもかかわらず明解な答のない質問を集めるプロジェクトです。 全癌を対象に予防、発見、診断、治療の向上を図るNational Cancer Programの長期目標の単なる再掲ではなく、次のような点を特色とします。

     ●癌および癌制御の解明における具体的な進歩に基づいて構築する
    ●解決が困難と証明された幅広い癌生物学領域を対象とすること
    ●予測可能な将来(5年、10年先)の進歩の可能性を鑑みて進めること、そして
    ●長期的な目標達成の妨げとなる障壁を取り除く方法を究明すること

    You Tube動画「NCI総長Dr. Harold Varmus氏からのメッセージ(英語)」

    なぜ今なのか?

     ゲノム学、分子生物学、コンピュータ科学など、昨今、多くの分野で技術は進歩し、癌研究者にとって現在ほど成熟した時代はありません。特に癌の発生におけるゲノム学および生化学的機序の解明など、癌に関する基礎的理解は飛躍的に向上しました。今、私たちは、一つ一つ小石を拾うようにこうした数々の発見をしてきた一方で、取りこぼした小石がないか、また、重要というわけではないが、明らかにされることなく置き去りにされた問題はないかを振り返ってみる時期に来ています。NCIの新リーダーたちは、ゲームの流れを変え、将来の NCI支援の研究の矛先を変えうる科学の疑問をさらに多く洗い出して、現在の癌の最先端研究に反映したいと切に願っています。

    ’爆弾質問’と幅広い研究領域 

    ’爆弾質問’の企画にあたり、研究を通した癌患者の健康全般の向上においては、NCIの各サイエンス分野の熱心なディベートや、 NCIの協力者(患者支援団体アドボカシー・グループ、医療従事者、国会議員、他)との共同の取り組みが必要です。こうした他の癌関連組織もこのウェブサイト上でのディスカッションや活動を通して’爆弾質問’プロジェクトにぜひご参加いただきたいと考えています。

    ~~~
    NCIの’爆弾質問’にコメントを頂いた方々に感謝いたします。全国のワークショップやサイトから寄せられた質問のうち、全部で24の’爆弾質問’が、Funding Opportunity Announcement (FOA)助成金『NCI’爆弾質問(PQ)’の解答のための研究』に選ばれました。その申請書は現在下記で閲覧できます。

    http://grants.nih.gov/grants/guide/rfa-files/RFA-CA-11-011.html
    http://grants.nih.gov/grants/guide/rfa-files/RFA-CA-11-012.html

    http://provocativequestions.nci.nih.gov/rfa

    現在、爆弾質問は受け付けていません。

    → ワークショップからの質問集(2010年10月9日、2011年2月4日

    【免責事項】

    当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
    翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

    関連記事