米国保健社会福祉省がモバイル健康研究プログラム作業部会の提言と国際的な協力を発表 | 海外がん医療情報リファレンス

米国保健社会福祉省がモバイル健康研究プログラム作業部会の提言と国際的な協力を発表

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

米国保健社会福祉省がモバイル健康研究プログラム作業部会の提言と国際的な協力を発表

米国保健社会福祉省プレスリリース2011年9月19日

米国保健社会福祉省(U.S. Department of Health and Human Services(HHS))は本日、携帯電話メールへの健康情報の配布およびモバイル健康(mHealth)研究プログラムを支援するための提言を新たに発表した。HHSは、公衆の健康向上を目的したプログラムあるいは協力関係を構築するために、例えば携帯電話メールなど、携帯電話技術および基盤の急速な普及を活用する方法を積極的に研究している。広範囲なレベルでの健康情報の入手手段を市民に提供できることは、国民がより健康になるというHHSの目標を達成する手助けとなり、また国民の一人ひとりと家族にとっては自身の生活を向上させるような、あるいは命を救うような重要な情報を得るのにも役立つ。HHSのモバイル健康研究プログラム作業部会の提言の全内容および意見提供についてはこちらを参照のこと。

HHSの発表全文はこちらを参照のこと

*****
金井 太郎  訳

辻村 信一 (獣医学/農学博士、メディカルライター)監修
*****

原文

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward