強度変調放射線治療(IMRT)と化学療法の同時併用療法で治療された肛門癌患者の多施設での急性消化器系毒性解析 | 海外がん医療情報リファレンス

強度変調放射線治療(IMRT)と化学療法の同時併用療法で治療された肛門癌患者の多施設での急性消化器系毒性解析

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

強度変調放射線治療(IMRT)と化学療法の同時併用療法で治療された肛門癌患者の多施設での急性消化器系毒性解析

A multi-institutional acute gastrointestinal toxicity analysis of anal cancer patients treated with concurrent intensity-modulated radiation therapy (IMRT) and chemotherapy.
Radiother Oncol. 2009 Aug 28.
シカゴ大学 放射線細胞腫瘍学科(米国)

従来の線量測定解析方法を用い、われわれは30Gyの線量を受ける腸管の体積(V(30))を特定し、強度変調放射線治療と化学療法の同時併用療法で治療された肛門癌患者の消化器系毒性との関連を調べた。V(30)>450cc, 450ccの急性消化器系毒性はそれぞれ33%, 8%であった。[pagebreak] PMID: 19717198

平 栄(放射線腫瘍科) 訳

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

お勧め出版物

一覧

arrow_upward