2007/10/23号◆特集記事「癌の死亡率低下が加速」 | 海外がん医療情報リファレンス

2007/10/23号◆特集記事「癌の死亡率低下が加速」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

2007/10/23号◆特集記事「癌の死亡率低下が加速」

同号原文
NCI Cancer Bulletin2007年10月23号(Volume 4 / Number 28)
____________________

◇◆◇特集記事◇◆◇

癌の死亡率低下が加速

癌の死亡率低下が続き、その傾向は、実際のところ加速されていることが、先週発表された。

NCI、疾病予防管理センター、アメリカがん協会(ACS)、および北米がん中央登録所協会(North American Association of Central Cancer Registries)により作成された国民への年次報告書(Annual Report to the Nation)において発表された新しいデータによれば、2002~2004年に癌死亡率が2.1%低下しており、これは毎年1.1%低下していた1993~2002年の約2倍にあたる。

この下降は、女性における乳癌、男性における肺癌および前立腺癌、男性および女性における結腸直腸癌など、もっともよくみられる癌の死亡率低下によって生じた。報告書の著者らは、死亡率低下の主な原因として結腸直腸癌を取り上げ、早期発見法の改善やポリープ除去の成果であるとし、治療法の改善も役割を果たしている可能性があると指摘している。

この癌死亡率低下は、何年もかけて導入されてきた禁煙政策やスクリーニングプログラムの改善および徐々に改善されてきた治療法などの「多くの要因が収束したことを示している」と、年次報告書の共著者であり、NCIのSEER(Surveillance Epidemiology and End Results)プログラムを指揮するDr. Brenda Edwards氏は説明している。このプログラムからは、国民への年次報告書用に多くのデータが抽出されている。

「長年にわたる多種多様な介入をうまく組み合わせて、このような死亡率改善につなげなければならない。これは強力な、癌コントロールのための科学的根拠に基づく研究であり、成果を挙げつつある」と、Dr. Edwards氏は続けた。

全体として、2002~2004年の死亡率は、男性で年2.6%、女性で年1.8%低下している。

この報告書には、女性において着実に増加していた肺癌の罹患率が横ばい状態になるなど、他の癌についても同様に良いニュースが含まれている。この安定化は「過去の喫煙パターンと直接関係している。米国女性の喫煙率は1965年の33.9%から2003年には19.2%まで低下した」と、ACSの監視調査部長Dr. Elizabeth Ward氏は説明する。

「前立腺癌の死亡率低下が継続していることも明らかになったが、低下の原因が何であるかについては、厳密には明らかになっていない。死亡率低下の原因は前立腺特異抗原(PSA)スクリーニングの普及であるとしたいところであるが、スクリーニングが前立腺癌死亡率に及ぼす影響については分かっていない」と、NCIの癌予防部門の前立腺泌尿器癌研究グループ(Prostate and Urologic Cancer Research Group)主任Dr. Howard L. Parnes氏は説明する。

「局所疾患に対する手術および放射線療法、放射線療法を受けた高リスク患者に対する術後補助ホルモン療法、および転移疾患に対するタキサン化学療法など、前立腺癌の治療法が改善され、そのすべてが転帰の改善に貢献していることは分かっている。ランダム化臨床試験結果によって、死亡統計に対しスクリーニングが貢献していることが確認されることを心待ちにしている」と、Dr. Parnes氏は述べている。

本年の報告書の特別セクションにおいて著者らは、アメリカインディアンおよびアラスカ原住民にいくつかの気がかりな傾向が認められることを確認している。例えば、肝癌および胆嚢癌など予後不良の癌や、肺癌、結腸直腸癌、および子宮頸癌などよくみられる癌の罹患率が、非ヒスパニック系白人よりもアメリカインディアンおよびアラスカ原住民においてより高かった。アメリカインディアンおよびアラスカ原住民の癌罹患率は地域によって大きく異なっており、アラスカおよび大平原で特に高かった。

「肺癌および結腸直腸癌の罹患率がアメリカインディアンおよびアラスカ原住民においてより高いという事実は、取り組むべき課題が依然として残っていることを示している」と、NCI所長Dr. John E. Niederhuber氏は述べている。

報告書によれば、アメリカインディアンおよびアラスカ原住民はまた、貧困レベルにあったり肥満であったりすることが極めて高い一方で、健康保険加入率や癌の定期健診受診率は低いとみられる。

— Carmen Phillips

******
Oyoyo 訳
中村 校正
******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward