2007/08/21号◆注目の臨床試験「脳転移に対する放射線治療」 | 海外がん医療情報リファレンス

2007/08/21号◆注目の臨床試験「脳転移に対する放射線治療」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

2007/08/21号◆注目の臨床試験「脳転移に対する放射線治療」

同号原文NCI Cancer Bulletin2007年8月21日号(Volume 4 / Number 24)

2007年度エルメス・クリエイティブ賞
Eニュースレター部門金賞受賞

____________________

◇◆◇注目の臨床試験◇◆◇

脳転移に対する放射線治療

臨床試験名

脳転移患者における定位手術的放射線照射に全脳照射を加えるべきか否かの第3相ランダム化比較試験(NCCTG-N0574)。試験プロトコルの概略は以下を参照のこと。
http://www.cancer.gov/clinicaltrials/NCCTG-N0574

臨床試験責任医師

Paul Brown医師、 Kurt Jaeckle医師、Richard Deming医師、Elana Farace医師、Bruce Pollock医師(NCCTG);Anthony Asher医師 Fred Barker医師(ACOSOG); Anthony Asher医師(RTOG)

この試験が重要な理由

癌の脳への転移(脳転移)は多くの成人の癌において、しばしば起こる現象である。治療可能な脳転移の患者であれば、有意な延命が得られる。

全脳照射と定位手術的放射線照射は、脳転移の治療における有用性が証明された手法である。全脳照射放射線療法は1コース2、3週間かけて、増加した線量で脳全体に照射する方法である。一方、定位手術的放射線照射は、さらに高線量の照射1回を、直接、腫瘍に対して行うもので、正常な脳細胞が有害な放射線に曝されるのを最小限に抑える。

この試験では、定位手術的照射のみの群と、定位手術的照射のあとに全脳照射を行う群とを比較検討している。医師らは、全脳照射を加えることが、今後の転移予防の点で有利なのか、そしてまた、どの程度全脳照射が患者のQOLや認知能力に影響するかを確かめたいと考えている。

Brown医師は次のように述べる。「全脳照射を前もって施行することは脳転移を予防する確立された方法であるが、そのベネフィットの代償として認識能力やQOLの低下といった問題が考えられる。したがって、このセッティングでの全脳照射はいまだに賛否の分かれるところである。われわれは、この試験によって、手術的照射後の脳転移に対する治療として全脳照射を用いることの意味を明確にしたい。」

試験の修正案によって手術放射線を施行するための非侵襲的固定具の使用が許容されたことである。これによって、これまでより多くの治療施設に試験参加が開放されるだろう。」

試験の参加可能な人

研究者らは、体の他の部位からの脳転移1~3ヵ所を有する18歳以上の528人の患者を登録する。適格基準のリストについては下記URLを参照のこと。

試験を行っている施設と問合せ先

米国の複数の施設でこの試験への参加患者を募集している。問合せ先一覧は以下を参照。

http://cancer.gov/clinicaltrials/NCCTG-N0574

または、さらに詳細についてはNCI癌情報サービス1-800-4-CANCER (1-800-422-6237)まで。このフリーダイヤルの内容は秘密厳守される。

過去の「注目の臨床試験(原文)」については以下を参照。
http://www.cancer.gov/clinicaltrials/ft-all-featured-trials

******
野中 希 訳
平 栄  (放射線腫瘍科)  監修

******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  6. 6免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  7. 7若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  8. 8ASH年次総会で血液がん化学療法の最新知見をMDアン...
  9. 9BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  10. 10FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward