2007/06/26号◆特集記事「地域病院における最先端癌医療の提供に向けて」 | 海外がん医療情報リファレンス

2007/06/26号◆特集記事「地域病院における最先端癌医療の提供に向けて」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

2007/06/26号◆特集記事「地域病院における最先端癌医療の提供に向けて」

同号原文

NCI Cancer Bulletin2007年6月26日号(Volume 4 / Number 20)
____________________

◇◆◇特集記事◇◆◇

地域病院における最先端癌医療の提供に向けて

癌患者の居住している場所で最新の癌医療を提供することを目的としたイニシアチブ(先導的な試み)として、国立癌研究所(NCI)は、地域癌センタープログラム(NCCCP)の試験的開始に入った。本プロジェクトは、疾病による偏りがあり、十分な医療が提供されていない地域や集団に焦点をあてている。

今後3年間にわたって、16ヶ所の地域病院が、病院間およびNCIと協力して最高水準の癌治療を各地域病院で提供できるよう最善策を見出そうとするものである。試験が成功すれば、患者と研究者ともに利益をもたらすと考えられる地域癌センタープログラムの国家的ネットワークが構築されるだろう。

昨日、NCIディレクターのDr. John Niederhuber氏は国立衛生研究所(NIH)での2日間にわたる会議で、各地の地域病院のリーダーシップを歓迎した。このイニシアチブは、予防および診断から生存者の治療やケアに及ぶ広範囲なプログラムである。

「地域癌センターが患者に最高水準の医療を提供するための必須要綱を定めることが、この試験的研究の目的である。うまくいけば、この数年でわれわれが何を成し遂げられるか、何が現実に可能なのかを学ぶことができるだろう。」と、Dr. Niederhuber氏は述べた。

NCCCPによるNCIプログラムの範囲は、さらに多くの各地域へ拡張されるかもしれない。同時に、医師および癌患者らの国家的ネットワークが実験的治療の開発や試験のための価値ある資源となる可能性がある。

NCCCPの目的は癌医療格差の減少、臨床試験への登録増加、検体標本データの作成、電子カルテの評価である。本プロジェクトは,地域癌医療における現在のNCIによる取り組みを補充する一方で、この問題に対して全体で、または各地域で研究する枠組みを確立する。

この研究課題は共同歩調をもって行われるべきものである。例えば、なぜある特定の集団では癌の発生率が増加しているのかを調査するためには、より多くの研究が必要である。しかし個人が医療にアクセスできない状況では、その研究のための患者を募集することは困難である。地域でのアクセスを拡張することは、患者および研究者の両方に役立つだろう。

16の医療機関は、田舎や都市におけるそれぞれの地域医療システムといった国民人口の断面を表している。各医療機関は集学的な医療(内科、外科および放射線による癌治療)を提供し、各年で1,000人の新たな癌患者を管理し、臨床試験に参加する患者の募集を行い、十分に医療が受けられない住民の支援を行っている。

このプロジェクトにとって最重要であるのは各施設の協力である。それぞれの医療機関は互いに協力し、また、主に研究大学に拠点を置く63ヶ所のNCI指定のがんセンターとも連携する。がんセンターでは、先進的な癌治療が行われているが、米国の圧倒的多数の患者は各地域病院で診断、治療を受けている。

この試験プログラムによって、研究者らは地域を基盤とした臨床研究を実施するための最良の方法を見出したリ、また、初期相の臨床試験を地域病院で行うことができるか否かを判定することができる。各医療機関では患者のケアを向上させる一つの方法として医療情報を電子化して共有する手段を検討する。

この試験的研究では、「NCI生物検体標本の最良実例ガイドライン(NCI Best Practices for Biospecimen Resources)」の地域における実施可能性が評価される。ゲノミクスおよびプロテオミクス研究にとって高品質な生体標本を地域がんセンターにて提供できるだろう。

NCIがんセンタープログラムにより、米国における癌の研究やケアは最前線に置かれることになった、とDr. Niederhuber氏は述べた。現在、われわれは、NCCCPを推し進めることによって、患者の居住する場所にかかわらず、こういった医療を受けられるようになることを目指している。

「本プロジェクトに対する地域の反応は非常に素晴らしい」、と同氏は言及した。

— Edward R. Winstead

******
佐々木 了子 訳
監修済み

******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7治療が終了した後に-認知機能の変化
  8. 8乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  9. 9専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  10. 10免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要

お勧め出版物

一覧

arrow_upward