2010/02/09号◆NIH最新情報「国立衛生研究所(NIH)臨床センターは画像診断での放射線量のモニターを開始」 | 海外がん医療情報リファレンス

2010/02/09号◆NIH最新情報「国立衛生研究所(NIH)臨床センターは画像診断での放射線量のモニターを開始」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

2010/02/09号◆NIH最新情報「国立衛生研究所(NIH)臨床センターは画像診断での放射線量のモニターを開始」

同号原文
NCI Cancer Bulletin2010年2月9日号(Volume 7 / Number 3)
日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜

____________________

◇◆◇ NIH最新情報 ◇◆◇

国立衛生研究所(NIH)臨床センターは画像診断での放射線量のモニターを開始

2月1日、NIH臨床センターはAmerican College of Radiology誌でCT検査および他の医療放射線で患者が受ける被曝総線量を電子カルテに記録することになると発表した。

一般の人々が画像診断から受ける放射線量があまりに高く、その被曝線量の監視が不十分であることを専門家らが最近表明していた
「NIH臨床センターに画像診断装置を販売するすべてのメーカーは・・検査の被曝量を日常的に電子カルテに記録するための手段を提供するようNIH臨床センターに求められることになります。これを義務づけることにより放射線検査で受けた被曝線量の記録が可能となるでしょう」と放射線画像診断学部長のDr.David A. Bluemke氏は報道発表にあわせ声明を出している。

メーカーは患者がみずからの診療録から放射線被曝線量を過去にさかのぼって追跡できるような手段も提供しなければならない。

低線量放射線による癌リスクの集団ベースの評価を行うためのデータはNIH臨床センターで診療する患者では少なすぎる。このような研究では「長い年月をかけて米国内の何百人、何千人といった個人の画像診断での線量の集計が最終的には必要となるでしょう」とBluemke氏は述べている。「われわれはすべての画像診断部門に対して、放射線を発生する医療機器メーカーからの放射線線量報告の出力について同様の要求を盛り込むことを推奨します」。

******

平 栄(放射線腫瘍医/武蔵村山病院)訳

******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  4. 4卵巣がんの起源部位は卵管であることが示唆される
  5. 5コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  6. 6ニボルマブとISA101ワクチン併用療法が中咽頭がん...
  7. 7がんに対する標的光免疫療法の進展
  8. 8がん領域におけるシームレス臨床試験数が近年増加
  9. 9乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  10. 10アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する

お勧め出版物

一覧

arrow_upward