2008/03/18号 ◆「ユーイング肉腫の国際試験が進行中」 | 海外がん医療情報リファレンス

2008/03/18号 ◆「ユーイング肉腫の国際試験が進行中」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

2008/03/18号 ◆「ユーイング肉腫の国際試験が進行中」

同号原文

NCI Cancer Bulletin2008年3月18日号(Volume 5 / Number 6)
小児癌特別号

~日経「癌Experts」にもPDF掲載中~

____________________

ユーイング肉腫の国際試験が進行中

NCI研究者らは全米および欧州の臨床試験担当医らと協力して、ユーイング肉腫に対する効果が有望視される新薬の国際臨床試験を開始した。ユーイング肉腫は稀な癌で、患者の大半は子供から青年および若年成人の間に集中している。

R1507と呼ばれるその新薬はHoffmann-La Roche社によって創薬された臨床試験用のモノクローナル抗体で、インスリン様増殖因子1受容体 (IGF-1R)を阻害する。ユーイング肉腫はIGF-1R産生を促進する突然変異遺伝子と関連するとされている。先に行われた青年~若年成人を含む第1相臨床試験では、種々の標準療法およびサルベージ療法が奏効しなかった治療抵抗性(難治性)の進行性のユーイング肉腫患者に対して期待の持てる結果が示された。数例においては、高リスクの患者であるにもかかわらず、IGF-1Rブロッカーに対し完全奏効がみられた。

NCIの臨床科学部長で小児癌の専門医として知られるDr. Lee Helman氏は、これらの初期結果について問い合わせる電話を多数受けたほか、Sarcoma Alliance for Research through Collaboration(肉腫に関する共同研究連携)の一環として共同研究者と会い、小児および12歳以上の小児、成人の再発、または難治性ユーイング肉腫患者を対象に計画されている第2相臨床試験で使用するIGF-1Rブロッカー化合物について、ロシュ社を含む製薬会社によるプレゼンテーションを受けた。その結果、本研究に彼らはR1507を選択した。この治療法は横紋筋肉腫や骨肉腫などの他の小児癌や成人の癌にも拡大される予定だ。

「これらは稀な腫瘍なので、単一施設または一カ国だけでは、十分な規模の試験はできません」と、米国で新規にユーイング肉腫と診断される例は年に約200人しかいないことを引き合いに、Dr. Helman氏はこのようにコメントした。「われわれは、過去のプロジェクトで何度も共同研究を行った欧州の研究者に直ちに協力を依頼しました」。

この臨床試験は12月から米国内の数カ所のがんセンターで始まり、すでに約30症例が登録されている。近いうちにNIH臨床センターで研究が開始され、来月にはフランス、イタリア、ドイツおよびイギリスでも開始される。

ドイツの研究拠点のひとつ、ミュンスター大学の小児血液学・腫瘍学教授、Dr. Herbert Juergens氏によると、ユーイング肉腫治療の進歩は近年「極めて鈍ってきている」という。今までの研究により、集中的な化学療法や、放射線治療および外科手術による「局所的」介入などの標準療法によって、約70%という長期生存率が達成されている。「それ以降、われわれは患者に投与できる化学療法を限界の強度までやり尽くしてしまったようだ」と、同氏は続ける。代わりに、これらの腫瘍の特定の受容体を標的とする治療法の探索に期待が寄せられるようになった。

ユーイング肉腫に対するR1507の国際臨床試験について「すばらしいこと」とDr. Juergens氏は語っている。統計学的に有意なデータを得るために充分な数の再発患者を見つけなければならないので、そのためには「大西洋をまたいだ研究が必要である」と同氏は付け加えた。

「われわれは今後数年間精一杯研究し、IGF-1R阻害剤が奏効する患者を識別できる遺伝的特徴またはマーカーを見つけるとともに、現在の化学療法に比べ毒性を低く抑えられる可能性があるIGF-1R阻害剤を、どうにか一次治療薬とすることができるか、解明に取り組まなければなりません」とDr. Helman氏は述べた。

******
橋本 仁 訳
島村義樹(薬学)監修
******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward