2008/04/29号◆特集記事「高齢者における癌医療費」 | 海外がん医療情報リファレンス

2008/04/29号◆特集記事「高齢者における癌医療費」

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

2008/04/29号◆特集記事「高齢者における癌医療費」

同号原文

NCI Cancer Bulletin2008年04月29日号(Volume 5 / Number 9)

~日経「癌Experts」にもPDF掲載中~

____________________

特集記事

高齢者における癌医療費

Journal of the National Cancer Institute(JNCI)誌が本日発表したところによると、米国における高齢癌患者の5年間の医療費は推計211億ドルと予想されている。

本推計結果は、患者一人当たりならびにメディケア(公的保険の1つ)加入癌患者(65歳以上)の5年間の治療費の集積結果に関する詳細な解析の一部であり、癌種や診断時の病期、治療局面、生存期間によって医療費が異なることが本知見によって示されている。

「本推計結果は、医療プログラム策定に利用しうる将来の医療費予測の基本となる」とNCIの癌制御・人口学部門の筆頭研究者であるDr. Robin Yabroff氏は語る。さらに本推計は予防、スクリーニング、治療を目的とした癌医療の費用対効果の評価にも利用できる。

本研究は最も一般的な18癌種に注目した。医療費は診断初年度、継続治療期、死亡年度の3期に分けて算出した。医療費は継続治療期よりも、初期と死亡年度のほうが高い傾向にあった。

5年間の平均純費用の差は大きく、乳癌やメラノーマ患者では2万ドル未満、脳腫瘍、食道癌、胃癌、卵巣癌、リンパ腫患者では4万ドルを上回った。

男性では、各治療期および5年間の費用/人が最も高かったのは、脳および中枢神経系の癌であった。女性においてもこの種の癌の治療費が治療初期と終末期では最も高額であったが、5年間の医療費は卵巣癌が最も高額であった。

「衝撃的な知見はほとんどなかったが、それでもなおこれらを総合すると、対象とした患者群における癌の総医療費と腫瘍タイプ別の費用に関し、科学的に説得力のある実態を示している」と、JNCI誌の論説にある。

急速に死に至る癌に罹患した患者では、その死亡年度の入院時にかなりの費用がかかることが本結果によって示された。これらの患者では5年間にかかる医療費の大半を入院費用が占めている。

「胃癌や膵臓癌などの進行癌にかかる費用の大部分は、急性期の入院治療費であるが、この事実にも関わらず、これらの治療は患者の予後改善に意味があるとは考えにくい」と、同論説の共著者であるマサチューセッツ総合病院およびハーバード大学医学部のDr. Elizabeth Lamont氏は語る。

致死的疾患に直面した場合、多くの人々は自身に残された時間を病院でではなく家族とともに在りたいと望み、さらに、可能なら自宅で過ごすことを希望するであろうことを示す複数の研究を腫瘍学者であるLamont氏は例示している。

「本試験は、小額とはいえない、余分な入院治療費に値札を付けている。人生の最後に患者が望まない入院を避けることができるようなシステムを開発するためにこの医療費の一部を使用したほうがよいかもしれない」と彼女は語る。

本研究には関与していないハーバード大学応用経済学教授のDr. David Cutler氏は、終末期医療費の額に衝撃を受けた。

「本結果から浮き彫りになった主な課題は、これらの治療に本当に価値があるか、である。これは非常によい研究であり、本研究で得られた知見によってこの課題の重要性が強調されている」と彼は語る。

本研究はNCIのSEER(Surveillance, Epidemiology, and End Results)プログラムの情報と、SEERメディケア・データベースの医療費データを使用している。

NCIの医療サービス・経済学部門ならびに統計研究・応用部門が主導した本研究は、癌患者が治療に費やす時間を推計した昨年の研究に続くものである。

この分野における課題は、他の疾患と同様に、癌にかかるさまざまな費用の推計方法を標準化することであろう、と著者らは語る。

—Edward R. Winstead

******
Okura 訳
九鬼 貴美 (腎臓内科) 監修

******

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward