[ 記事 ]

Hydrea (hydroxyurea、ハイドロキシウレア カプセル)

原文
薬剤師および腫瘍専門医療従事者向け

 

Bristol-Myers Squibb社は、血管の潰瘍や壊疽(えそ)などの皮膚血管毒性の記載のため、処方情報の警告(WARNINGS)と有害反応(ADVERSE REACTIONS)セクションの改訂を医療従事者に通達した。この毒性は、ハイドロキシウレア治療中の骨髄増殖性障害のみられた患者、中でもインターフェロン治療中か治療経験者に多く報告された。注意(PRECAUTIONS)と用量・用法(DOSING AND ADMINISTRATION)セクションは、これらの製品の安全な取り扱い上の最新情報を提供するためにすでに書き換えられている。 推奨される変更点は、2006年1月Bristol-Myers Squibb社から発行された次の”Dear Healthcare Provider” レターで強調表示されている。ラベルへの追加と改訂の具体的文書は、FDAのレビューと許可の申請中である。 [January 20, 2006 Hydrea letter Bristol-Myers Squibb] [January 20, 2006 Droxia letter Bristol-Myers Squibb]

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事