[ 記事 ]

腎細胞がんへのレンバチニブ+ペムブロリズマブ併用はスニチニブより優れている

第3相CLEAR試験の結果によると、進行性淡明細胞型腎細胞がん(RCC)患者の全生存期間、無増悪生存期間、および客観的奏効率の点で レンバチニブ(レンビマ)+ペムブロリズマブ(キイトルーダ)の併用療法は、 スニチニブ(スーテント)よりも優れていた。
 
同試験において、レンバチニブ+エベロリムス併用群は、無増悪生存期間と客観的奏効率に関してスニチニブを上回ったが、有意な生存期間の延長を示すことができなかった。
 
無増悪生存期間の中央値は、レンバチニブ+ペムブロリズマブ併用療法群で23.9カ月、スニチニブ群では9.2カ月で、61%の改善であった。
 
レンバチニブ+エベロリムス併用群も主要評価項目を満たし、無増悪生存期間の中央値は14.7カ月、スニチニブは9.2カ月であり、同併用療法は35%の改善を示した。
 
全文はこちら(原文)からご覧ください:
(*日本語で表示させるには、ご自身のパソコン画面右上にあるブラウザの設定で自動翻訳機能をONにしてください。)
 

監修高濱 隆幸(腫瘍内科・呼吸器内科/近畿大学奈良病院)

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。