[ 記事 ]

転移非小細胞肺がんの初回治療にニボルマブ+イピリムマブを承認

2020年5月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、ニボルマブ(販売名:オプジーボ、Bristol-Myers Squibb Co.社)とイピリムマブ(販売名:ヤーボイ、Bristol-Myers Squibb Co.社)の併用療法を、FDAが承認した検査でPD-L1(1%以上)の発現が確認され、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異や未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)融合遺伝子を伴わない転移非小細胞肺がん(NSCLC)患者の初回治療として承認した。

また同日、FDAはニボルマブとイピリムマブの併用療法を受けるNSCLC患者を選択するコンパニオン診断薬として、PD-L1 IHC 28-8 pharmDx(Agilent Technologies, Inc.社)を承認した。

有効性は、転移または再発非小細胞肺がん(NSCLC)でがん治療歴のない患者を対象とした複数パートで構成されているランダム化非盲検試験であるCHECKMATE-227(NCT02477826)で評価された。試験のパート1aでは、腫瘍のPD-L1発現率が1%以上の患者793人が、ニボルマブとイピリムマブの併用療法(396人)またはプラチナ製剤を含む2剤併用化学療法(397人)のいずれかに無作為に割り付けられた。

本試験において、ニボルマブとイピリムマブの併用療法を受けたPD-L1腫瘍発現率1%以上の患者では、プラチナ製剤を含む2剤併用化学療法を受けた患者と比較して、統計学的に有意な全生存期間(OS)の改善が認められた。OSの中央値はそれぞれ、17.1カ月(95%信頼区間[CI]:15-20.1)と14.9カ月(95%CI:12.7-16.7)であった(ハザード比[HR]:0.79;95%CI:0.67-0.94;p=0.0066)。

盲検化された独立中央判定(BICR)の評価による無増悪生存期間(PFS)の中央値は、ニボルマブとイピリムマブの併用群で5.1カ月(95%CI:4.1-6.3)、プラチナ製剤を含む2剤併用化学療法群で5.6カ月(95%CI:4.6-5.8)であった(HR:0.82;95%CI:0.69-0.97)。BICRによって確認された奏効率(ORR)はそれぞれ、36%(95%CI:31-41)および30%(95%CI:26-35)であった。奏効期間中央値は、ニボルマブとイピリムマブの併用群で23.2カ月、プラチナ製剤を含む2剤併用化学療法群で6.2カ月であった。

CHECKMATE-227試験において、ニボルマブとイピリムマブの併用療法を受けた患者の20%以上でみられ、最もよくみられた副作用は、疲労、発疹、食欲減退、筋骨格系疼痛、下痢または大腸炎、呼吸困難、咳、そう痒炎、悪心、肝炎であった。

転移非小細胞肺がん(NSCLC)に対する推奨用量は、ニボルマブ3mg/kgを2週間毎に、イピリムマブ1mg/kgを6週間毎に、疾患進行あるいは許容できない毒性がみられるまで投与するか、疾患進行のみられない患者には最長2年間投与することとなった。

オプジーボの全処方情報はこちらを参照。(*参考:日本語のオプジーボの添付文書はこちらを参照)

ヤーボイの全処方情報はこちらを参照。(*参考:日本語のヤーボイの添付文書はこちらを参照)

本申請は優先審査に指定された。FDAの迅速承認プログラムに関する情報は、「企業向けガイダンス:重篤患者のための迅速承認プログラムー医薬品およびバイオ医薬品」(Guidance for Industry: Expedited Programs for Serious Conditions-Drugs and Biologics)に記載されている。

翻訳河合加奈

監修田中謙太郎(呼吸器内科、腫瘍内科、免疫/九州大学病院 呼吸器科)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。